NEW

自民党内「安倍降ろし」のクーデターか…加計理事長との面会記録公開の裏にドンの存在

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「首相官邸 HP」より

 6月10日投開票の新潟県知事選で、自民党・公明党が支持した候補が辛勝。これで自民党内には、「安倍晋三首相の3選は固くなった」などという声が出ているが、そう簡単ではない。

 この5年間、「外交の安倍」で売ってきたものの、ここへ来て北朝鮮問題など外交での「蚊帳の外」にされていることが国民にも気づかれてしまった。最新(6月8~10日)のNHK世論調査では、内閣支持率は38%で横ばい。不支持も44%で前月と同じ。不支持が支持を上回る状況は3カ月連続だ。

 つまり、日露首脳会談、日米首脳会談、G7首脳会談と外交日程がたて続けだったにもかかわらず、「外交で支持率アップ」というこれまでの方程式が通用しなくなったのだ。

 総裁選のカギを握るといわれているのは竹下派だが、そんな安倍首相の苦しい実情を眺めながら、総裁選に向け誰を推すのかはっきりさせていない。竹下派は元来、参議院での影響力が強く、参院自民党を牛耳っている。現在の吉田博美・参院幹事長は竹下派の会長代行だ。さらに、かつての“参院のドン”青木幹雄・元自民党参議院会長が、竹下派に厳然たる影響力を持っている。

 竹下派が参院で強い理由は、1990年代にまで遡る。旧経世会の流れをくむ竹下派は、90年代の分裂劇で小沢一郎氏ら衆院議員が離党するなか、参院議員の多くが自民党に残った。そうした経緯もあり、衆院の主流が清和会に奪われるも、参院は依然として竹下派が主導権を握っている。

 そのため、自民党内では「参院は別の生き物」といわれる。実際、参院では竹下派がポスト、カネ、選挙を差配する。特にポストの便宜への影響力は大きく、参院の竹下派は21人だが、「隠れ竹下派」がかなり多く、それを加えると参院で第1派閥に躍り出るほどだ。

 最近も参院独自の動きがあった。

 加計学園問題で、参院の予算委員会が愛媛県に関連文書の提出を要請。これに基づき提出された文書に、安倍首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会していたとの記述があり、大騒ぎとなった。この件は安倍首相と加計学園の双方が否定したが、今も疑惑は払拭されていない。

「この参院の愛媛県への文書提出要請について、衆院の国会対策本部や首相官邸は知らなかったといわれている。安倍首相が不利になる恐れがあるのに、あえて参院が動いた可能性があるのだ。そのため、『参院竹下派のクーデターか?』とも囁かれた」(永田町筋)

 次の総裁選は、参院にとっては衆院より重要となる。来夏、参院選があるため、「選挙の顔」として勝てる総裁でなければならない。“安倍首相では参院選は勝てない”という危機感は、衆院議員とは比較にならない。

 青木氏は、竹下派のなかでも特に安倍首相寄りの茂木敏充・経済再生相や加藤勝信・厚生労働相に対し、「どうぞ(安倍首相で)やるなら、やってみたらいい」と脅しをかけているとも漏れ聞こえてくる。
(文=編集部)

自民党内「安倍降ろし」のクーデターか…加計理事長との面会記録公開の裏にドンの存在のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、内閣支持率加計学園問題安倍首相総裁選の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事