NEW

【大阪北部地震】南海トラフ巨大地震につながる可能性も…首都直下地震との関連性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 6月18日午前7時58分頃、朝の通勤時間帯の関西首都圏を大阪北部地震が襲った。地震の規模はマグニチュード(M)6.1だったが、震源の深さが13kmと浅かったため、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で最大震度6弱を観測。倒れたブロック塀や家具などの下敷きとなり、19日時点で5人が死亡、376人が負傷した。

 地震の発生で大阪府内、兵庫県内で停電が発生。上水道管の破裂により高槻市や大東市内の道路や住宅街で水が噴き出し、断水や水の混濁も発生した。JRは新幹線、在来線が運転見合わせ。大手私鉄も運転を見合わせるなど、ダイヤは夕方まで大幅に乱れた。航空路線は伊丹空港発着便を中心に38便が欠航。阪神高速道路も一部区間で通行止めとなったほか、日本将棋連盟が19日に予定していた関西将棋会館での名人戦順位戦C級1組1回戦「藤井聡太七段対森下卓九段」戦を含むすべての対局を延期した。

 武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)に、今回の地震について話を聞いた。

「都会を直接襲ったので、都会型の被害がけっこう出ました。特に交通機関の乱れで帰宅難民がずいぶん出ました。もっと大きな地震だったら、さらに被害が出たでしょう。M6.1と、関西で起きる直下型地震としては小さめでした。ただし、気象庁が大阪で地震観測を始めて80余年になりますが、大阪で震度6弱を観測したのは今回が初めてです。阪神大震災前から、関西は地震が少ないといわれてきましたが、結局、日本列島はどこでも直下型地震が襲ってくる可能性があるということです」(島村氏)

 今回の地震を受け、政府の地震調査委員会は18日に臨時会合を開いたが、記者会見した平田直委員長は「今回の地震は(発生メカニズムが)非常に複雑で、どの断層に関連しているのかを言うのは難しい」と述べた。前出・島村氏がこう解説する。

「1596年に慶長伏見地震が起きていて、今回の震源に近かったといわれていますが、昔は地震計もなかったので、近くではあっても震源は正確にはわかりません。それに、M6クラスの地震だと、活断層が動いたとしても、その証拠が地表に表れないので、どの断層が動いたのか、活断層が要因であるかも含めてまったくわからないのです。ただし、中部日本全部がひずみ集中帯といえるので、太平洋プレートと南のフィリピン海プレートが押してきて、日本列島を乗せているプレートが歪んだりねじれたりするので、どこで起きてもまったく不思議はありません。あらゆるところで直下型地震が起きる可能性があって、そのひとつがたまたま今回は大阪で起きたということです」(同)

 さらに余震が続くのか。また、熊本地震のように前震よりさらに大きな本震がくることはないのか。熊本地震では、前震より余震のほうが大きかったため、以後、気象庁は余震の発生確率の発表をやめてしまった。

 島村氏は「今度も断層系がかなり複雑ですから、まだ知られていない断層があって、今回の地震と連鎖してほとんど同じ大きさの“双子地震”みたいな地震が起きる可能性があります」と語る。

【大阪北部地震】南海トラフ巨大地震につながる可能性も…首都直下地震との関連性は?のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、南海トラフ巨大地震大阪府北部地震関東大震災首都直下型地震の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事