NEW

人気沸騰「夜マック」、買うべきバーガー3選!百円追加でダブル&ダブルチーズバーガー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「マクドナルド HP」より(以下同)

 期限切れ鶏肉使用問題や異物混入騒動などが原因で陥った窮地から、見事に立ち直ったマクドナルドが昨今、好業績を叩き出している。

 2017年12月期の日本マクドナルドホールディングスの連結決算は、売上高が2536億円(前年比約12%増)、そして本業の儲けを示す営業利益は189億円(前年比約270%増)と絶好調。かつては低価格帯路線を押し出していたが、現在は逆に高価格帯路線にシフトチェンジしたことで大復活を果たしている。

 今年4月まで既存店売上高が29カ月連続で増収するなど、好調をキープしている。その要因は「朝マック」や「昼マック」の見直しを図ったことはもちろんだが、追い風となっているのが3月19日から全国の店舗でスタートさせた「夜マック」だろう。

 17時以降限定で通常価格にプラス100円で、レギュラーメニューのバーガー類のパティを2倍にできるというサービスだ。「チーズバーガー」や「てりやきマックバーガー」といった定番バーガーはもちろん、昨年登場し肉厚ビーフで話題を集めた「グランシリーズ」もプラス100円でパティが2倍になる。ボリュームを求める消費者にはうれしいサービスだろう。

 開始から約3カ月が経過している「夜マック」だが、まだ試したことがないという方も、すでに数種類試したという方もいるだろう。しかし、全種類の「夜マック」を食べたという方はまだほとんどいないのではないだろうか。

 そこで今回、「夜マック」全種を試食したうえで、味や食べ応え、コストパフォーマンスなどの観点から「買うべき『夜マック』」を3つピックアップしたので、理由とともに紹介していきたい。

買うべき「夜マック」3選

 買うべき「夜マック」としてセレクトしたのは、いずれもビーフパティのバーガーだ。倍化することで純粋にボリューミーな味わいとなるのはもちろん、コスパのよさでも抜きんでていた3つだ。

【買うべき「夜マック」1:倍ダブルチーズバーガー/420円(税込、以下同)】


 お馴染みの100%ビーフパティがもともと2枚使用されている「ダブルチーズバーガー」が倍化して、パティ4枚にボリュームアップ。そう、最初からパティが2枚のバーガーなら、プラス100円でパティが計4枚になるのである。

「ハンバーガー」や「チーズバーガー」は1枚100円でパティを追加できるわけだが、こちらは2枚100円で追加できることになるため、コストパフォーマンスの良さが際立っている。

 また、間にチーズが挟まっているものの、ほぼ4枚のパティが直接重なっているため、“1枚の超極厚ハンバーグ”にかぶりついているような豪快な感覚を味わえるのもいい。

【買うべき「夜マック」2:倍ビッグマック/490円】


「ダブルチーズバーガー」と同じく、「ビッグマック」はもともとビーフパティが2枚使用されているため、100円追加するだけでパティ4枚の大ボリュームバーガーが味わえる。

 高さがあるため、口をめいっぱい縦に開けてもかぶりつくのが難しいという方も多いだろうが、バンズをギュッと抑えながらであれば頬張れなくもないレベルだ(もちろん口の大きさの個人差による)。

 ちなみに、マクドナルドファンであればお気づきだろうが、この「倍ビッグマック」はかつて期間限定メニューとして大人気だった「メガマック」と同一だ。名前こそ違うが「ビッグマック」のパティを4枚にしたものなので、懐かしの「メガマック」再来というわけだ。

【買うべき「夜マック」3:倍グラン ベーコンチーズ/490円】


 マクドナルドの高価格帯路線の象徴といっても過言でもないのが、昨年登場したグランシリーズだ。同シリーズは厚みのあるリッチな100%ビーフが特徴だが、こちらももちろん、プラス100円でパティ倍化できる。

 今回はチーズとベーコンも加わって濃厚さがたまらない「倍グラン ベーコンチーズ」をセレクトしたが、グランシリーズの「夜マック」はどれもコスパが最高に良いのは間違いない。

 倍ダブルチーズバーガー同様に、ビーフパティの肉々しさをストレートに味わえるため、アメリカンな元来のハンバーガー好きにこそオススメだ。

人気沸騰「夜マック」、買うべきバーガー3選!百円追加でダブル&ダブルチーズバーガー!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ダブルチーズバーガービッグマックマクドナルド夜マックの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事