NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

女子大生、インスタのストーリーが大流行の理由…LINEやツイッター使わない人も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram HP」より

 女子大生の間でInstagramストーリーが流行っている。これは、24時間で消える動画投稿機能だ。人気が高い機能のため、アーカイブしたり、ハイライトとしてプロフィール欄に表示することもできるようになっている。

 どのように使われているのか。実態をレポートすると共に、流行の背景を解説したい。

複数アカウントで便利に使い分け


 そもそもInstagramでは、他のSNSと違い、精選した決まった写真を投稿するのがいいとされている。テーマは一つに決めて、アカウントの統一感を持たせることも大切とされている。それゆえ、美しくおしゃれないわゆる“インスタ映え”写真ばかりが並ぶファッション誌のような空間となっているというわけだ。

 Instagramは、公式アプリで複数アカウントの運用ができるようになっている。大学生の間ではInstagramも複数アカウントが当たり前となっており、「ファッション」「大学」「勉強用」など、所属や趣味関心ごとにアカウントをつくって使い分けているという。

 そのようにすると、アカウントごとの統一感がとれる上、得たい情報が得やすくなる効果もある。そのInstagramで最近流行しているのが、ストーリーだ。

ストーリー好きな女子大生たち


 女子大生たち数名に話を聞いたところ、Instagramは全員利用していた。なかの一人は、「ほとんどストーリーしか使っていない」という。他のTwitterやLINEなども利用していないそうだ。「ストーリーだけで済んじゃうので」。

 別の一人は、「基本は見る専門。でもストーリーはものすごく使っている」という。ストーリーで夕飯をつくったところなども公開しているが、「特に反応を求めているわけではない。なぜ公開しているのか自分でもわからない」という。行動すべてをTwitterで公開している学生がいるが、それに近い行為といえるだろう。

 SNSネイティブはオンラインで投稿する心理的敷居が低く、なんでも投稿してしまう層が一定数いる。LINEではプッシュ通知で相手を選んで送る仕組みのため、意味がないことは送りづらい。そこでLINEで送るまでもないが誰かに聞いてもらいたいことは、テキストで投稿する場合はTwitter、動画で投稿する場合はInstagramと使い分けているようだ。

女子大生、インスタのストーリーが大流行の理由…LINEやツイッター使わない人ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、InstagramSNSストーリー投稿の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事