NEW

過去の勝ち馬は"神"レベル! アーリントンC(G3)で、M.デムーロ3週連続JRA重賞制覇達成!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
a-rinton0227.jpg
JRA公式サイト

 27日、阪神競馬場で3歳マイル重賞・アーリントンC(G3)が開催され、M.デムーロ騎乗、4番人気のレインボーライン(牡3歳 栗東・浅見厩舎)が2着のダンツプリウス(牡3歳 栗東・山内厩舎)をハナ差退けて勝利した。

 1~6着までが「ハナ-ハナ-クビ-アタマ-ハナ」と大接戦となった今年の同レース。最後までもつれる展開を制したのは、やはりノリにノる外国人騎手のデムーロ騎手だった。これでデムーロ騎手は先週のフェブラリーS(G1)などと合わせ「3週連続重賞勝利」ということになった。それだけでなく、この3週間の"重賞騎乗機会"で考えれば「重賞4連勝」ということでもある。

 レース前から「混戦」ムードがただよっていたがその通りの展開に。レースはスタート直後に7番人気のロワアブソリュー(牡3歳 栗東・須貝厩舎)が出遅れ。6番人気のシゲルノコギリザメ(牡3歳 栗東・谷厩舎)がハナを主張してレースを引っ張り、1000m通過が59.1というミドルペースで運んだ。

 直線に入るとまずはレオナルド(牡3歳 栗東・藤原厩舎)が先頭に立つが、すぐさまダンツプリウス、レインボーラインが並びかけ、大外から出遅れたロワアブソリューも脚を伸ばす。最後まで横一線でレースが進み、レオナルドが止まったところを前述3頭が抜き去り、並んでゴールイン。わずかにレインボーラインが勝利するという白熱した展開となった。

 個人的には2着ダンツプリウスに騎乗した丸山元気騎手の3年ぶりの重賞制覇も見たかったが、そこはさすがデムーロ騎手。位置取りも追い出しも絶妙であった。このままでは本当に「重賞はデムーロ買えば競馬は当たる」と、武豊しかいわれたことのないセリフも当然になってしまいそうである。

 ダービー馬・タニノギムレットやドバイ制覇のジャスタウェイなど、多くの超名馬を輩出してきた同レース。特に上位3頭は、今後の活躍が楽しみである。

~レース結果~
1着:6番レインボーライン(M.デムーロ)
2着:12番ダンツプリウス(丸山元気)
3着:15番ロワアブソリュー(F.ヴェロン)

~一部配当~
単勝:6「680円」(4人気)
馬連:6-12「5,840円」(27人気)
馬単:6→12「10,730円」(47人気)
三連複6-12-15「33,820円」(118人気)
三連単6→12→15「194,110円」(661人気)