NEW

「超大物(型)馬」アデイイザンライフ騎乗・横山典弘騎手の「大記録」かかる新潟記念! しかしファンの心配はやはり「ポツン」?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yokoyamanori.jpg
横山典弘騎手(Cake6より)


 4日に開催される新潟記念(G3)。アルバートドックやダコールなど、サマー2000シリーズの覇者を決定する重要な一戦ではあるが、別の意味で注目されているのがアデイインザライフだ。

 2014年の年末にデビュー戦を果たした同馬は、京成杯3着、弥生賞も3着とクラシックロードを歩み、皐月賞では16着と惨敗。その後は条件を渡り歩き、近2走では1000万下、1600万下を快勝。その後5カ月ほどの休養を挟んでの新潟記念参戦となる。

 馬体が540キロを下回ったことのない大型馬で、12戦して馬券外に沈んだのは2レースのみと、安定感は評価すべき点だ。後方からの末脚をしっかりと繰り出せるのが同馬の強みと言えるだろう。

 また、同馬が注目されるもう一つの理由が、手綱を握る横山典弘騎手だ。

 実は横山騎手、今週新潟記念を制すると、史上4人目の「全10場重賞制覇」となる。30年以上競馬界の一線で活躍する大ベテランも、この偉業はまだ未達成のままだ。

 本人は「自分のことは関係ないよ」とクールに答えているが、ファンが注目するのは当然である。そして、アデイインザライフに騎乗するということは「別の意味」でも注目されているようで......。