NEW

シンザン記念、フェアリーSのお年玉馬はコレ!注目の穴馬がズラリ出走!重賞穴馬データ公開中

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0106.jpg

 平日の木曜に行われた金杯が終わっても、すぐ週末に競馬があるという贅沢。これが正月競馬の魅力といえよう。今週末は過去10年で4度も10番人気以下の馬が勝利している波乱必至のフェアリーステークス(G3)、過去に蒼々たるメンバーが出走してきたシンザン記念(G3)など注目の重賞がスタンバイ。2017年最後のお年玉馬券をゲットするためにも、過去の傾向から穴馬を見極めたいところだ。

■フェアリーステークス

 毎年穴馬が激走している屈指の波乱重賞。中山で行われることから出走馬のほとんどが関東馬で、また1勝馬も多くレベルが今ひとつのメンバーが集まることが波乱の要因か。過去10年で6番人気以下で3着以内に激走した馬の共通要素は以下の通りだ。


・騎手は関東所属か短期免許で来日中の外人騎手のみ

・調教師も圧倒的に関東優勢

・馬体重は432-468kgで重量馬は軽視

・前走人気は1~12番人気

・前走レースは500万条件出走馬に特に注目。G1&G2出走組は除外

・前走距離は1400~2000mで1200m出走組は除外

・前3走以内に勝利が必要

・重賞で3着以内の好走実績がない馬


 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

シンザン記念、フェアリーSのお年玉馬はコレ!注目の穴馬がズラリ出走!重賞穴馬データ公開中のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、シンザン記念フェアリーステークス競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!