NEW

浜中俊騎手が「斜行男」汚名返上へ決意も「強すぎる気持ち」が心配......ヴィクトリアマイル(G1)の主役ミッキークイーン「課題」は鞍上のメンタル?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊騎手が「斜行男」汚名返上へ決意も「強すぎる気持ち」が心配......ヴィクトリアマイル(G1)の主役ミッキークイーン「課題」は鞍上のメンタル?の画像1

「やはり」と述べるべきかどうか......。

 14日のヴィクトリアマイル(G1)で2年ぶり3勝目のビッグタイトルを狙うミッキークイーン(牝5歳、栗東・池江泰寿厩舎)を応援するファンの「心配」は、馬の方ではなく、騎手の方に集中しているようだ。

 確かに、混戦模様ながら1番人気が確実視されているミッキークイーンの方に死角は少ない。

 強いて挙げれば、やや勝ち切れない面があり、マイルもベストではないといわれている点か。しかし、前走の阪神牝馬S(G2)では、その両方を払拭する見事な完勝劇だった。昨年の2着馬が、堂々の「主役」を務めるといったところだろう。

 だが、そんな充実の"本命馬"にとって小さくはない死角になってしまっているのが、主戦の浜中俊騎手の存在だ。

 率直に述べて、浜中騎手の実力に大きな問題はない。実際に前走を含めたミッキークイーンの勝利はすべて浜中騎手によってもたらされており、その手腕と勝負強さは競馬界でも指折りの存在だ。だが、今回の"焦点"は浜中騎手が我を失わず、最後まで冷静に相棒を勝利に導けるのかという点に絞られている。

"ケチ"がついたのは昨年の一件だ。

 昨年11月のマイルCS(G1)。ミッキーアイルに騎乗した浜中騎手はゴール前で斜行。しかし、騎手自身が騎乗停止になったものの、馬は降着とならずにG1制覇が認められた。その後、ミッキーアイルは最優秀短距離馬にも選出されるなど、あくまで結果的にだが「やり得」のような形に......浜中騎手のイメージは「ヒール役」として、大きくダウンしてしまった。

 今年になって再起を誓っていた浜中騎手だったが、3月のフィリーズレビュー(G2)で再び斜行。昨年の一件から約4カ月後の出来事だったとはいえ、再び大きなレースでやってしまっただけにファンからの批判が再燃。浜中騎手自身も報道陣に対して「もういいでしょ」と半ば自暴自棄に見えるような態度をとったことで、問題はネット上を中心に大きく炎上した。

浜中俊騎手が「斜行男」汚名返上へ決意も「強すぎる気持ち」が心配......ヴィクトリアマイル(G1)の主役ミッキークイーン「課題」は鞍上のメンタル?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ミッキークイーンヴィクトリアマイル浜中俊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!