NEW

嵐櫻井翔の「世間見下し発言」に怒号の嵐......アルバム「余計なこだわり」でファンからも見切り?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嵐櫻井翔の「世間見下し発言」に怒号の嵐......アルバム「余計なこだわり」でファンからも見切り?の画像1

 櫻井翔が、一般人を「見下した」発言が物議を醸している。

 櫻井は現在、主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)に出演中で、商社から出向して、高校の校長に就任した鳴海涼介を演じる。商社マンから校長という紛れもない転機だが、「NEWSポストセブン」のインタビューでは、櫻井自身の「転機」について語っている。

 そしてこれが、ネット掲示板などで批判の対象となっているようだ。

 櫻井は自身の「転機」に関し「中学生」と回答。「男子校だったから360度男しかいなくて、入学して2週間はなんていうところに来てしまったんだろう」と思ったようで、「絶望」したとのことだ。

 しかし、この発言に批判が集中している。

「『絶望のうちに入らない』『官僚の息子が何を言ってもね』『あまりにもチンケ』と呆れるようなコメントが多いですね。櫻井さんは慶應義塾大学出身ですが、幼稚舎、中学校、高校と慶應エスカレーターのまさしくお坊ちゃま。そんな人物の『絶望』がどんなものかと思いきや、あまりにも幼稚だったことにショックを受けた人は多かったようです。

また『慶應なら出会いもあるでしょ』『別に引く手あまただろう』と、男子校だからどうこうということもなかったのではないかとする意見もあります。いずれにしても、大した話ではありませんね」(記者)

 突然の「お坊ちゃま発言」に、世間との温度差が出てしまった櫻井。

嵐櫻井翔の「世間見下し発言」に怒号の嵐......アルバム「余計なこだわり」でファンからも見切り?のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、アルバム櫻井翔の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!