NEW

JRA二ノ宮調教師「勇退」の足音確かな「ロックディスタウン転厩」......惜しむ声も「希望」は残った

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA二ノ宮調教師「勇退」の足音確かな「ロックディスタウン転厩」......惜しむ声も「希望」は残ったの画像1

 以前から囁かれていた美浦の名調教師・二ノ宮敬宇調教師の「引退」が現実味を帯びてきた。

 同厩舎が管理する昨年の札幌2歳S覇者ロックディスタウン(牝3)が、藤沢和雄厩舎に転厩したことが、サンデーサラブレッドクラブ公式サイトの発表で明らかになった。昨年は同厩舎のディーマジェスティも引退を発表するなど、徐々に厩舎内の「整理」への動きが進んでいた。

 二ノ宮厩舎はエルコンドルパサーとナカヤマフェスタで凱旋門賞2着を経験し、他にもショウナンアデラやレインボーダリア、ディーマジェスティなどで国内G1や重賞を多数制した名匠中の名匠にしてパイオニアでもある。ただ、本サイトで以前から報じていたように(リンク)、最近は体調が優れず、取材などにも助手だけが対応するということが続いていた。

 そこへきての期待の2歳馬転厩。ロックディスタウンはクラシックを狙える器であり、今後も厩舎を継続するのであれば、なかなか転厩などさせるものでもないだろう。今回の決断で、二ノ宮調教師の「勇退」が近づいていることを実感しているファンも多い様子だ。

「ネット上でも『これはいよいよ勇退か』『本当に残念』と惜しむ声が非常に多いです。

長らく関東の名調教師として辣腕を振るってこられましたから、愛着の強いファンが多くて当然です。体調の面もあるし、いたし方がないとしか......。

JRA二ノ宮調教師「勇退」の足音確かな「ロックディスタウン転厩」......惜しむ声も「希望」は残ったのページです。GJは、競馬、JRAロックディスタウン二ノ宮敬宇の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!