NEW
碓井広義「ひとことでは言えない」(5月12日)

刑事モノや池井戸モノが乱立…春の連ドラ、今から間に合う、大人が見てもいいドラマは?

【この記事のキーワード】, ,

 ただ、ストーリー展開としては、話が複雑すぎるかもしれない。テロ組織vs.警察、刑事部vs.公安部、西島vs.香川、テロ組織vs.テロリストなどいくつもの対立軸があり、重層的に絡み合うためだ。

 もともと逢坂剛の原作小説自体が、決して読みやすいものではない。むしろ読者がその迷路のような“見通しの悪さ”を楽しむタイプの作品なのだ。

 小説の場合は、必要なら前に戻って読み返せばいい。筋立てや人間関係の確認もできる。しかし、テレビドラマはそれができず、前にしか進めない。途中でついていけなくなれば、リタイヤする視聴者も出てくるだろう。これは、視聴者のせいではない。脚本が、広げた風呂敷を十分に整理できていないのだ。

 それでも、このドラマには、見ないではいられない魅力がある。人間の善と悪、表と裏、日常では隠された業(ごう)や性(さが)のようなものまでが描かれているからだ。西島秀俊の肉体美を披露するためか、やたらと裸になるシーンが多い演出は困りものだが、大人が見てもいい1本であることは確かだ。

 そして、同じ木曜夜9時枠で、同じ刑事ドラマという真っ向勝負となったのが、小栗旬主演の『BORDER』(テレビ朝日系)である。実は放送開始前、「死者と対話できる特殊能力をもつ刑事」のドラマと聞いて、やや引いていた。

 しかし、事件の被害者である死者たちが、結果的に主人公を通じてその無念を晴らすというスタイルは、意外や結構快感だったりする。いわば「突拍子もない話」であるこのドラマを成立させているのは、原案だけでなく、脚本も手掛ける直木賞作家・金城一紀のお手柄だろう。一話完結形式でもあり、『MOZU』のテイストが自分に合わないと思う人にはお薦めだ。

●碓井広義(うすい・ひろよし)
上智大学文学部新聞学科教授。1955年、長野県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年、テレビマンユニオンに参加し、20年にわたってドキュメンタリーやドラマの制作を行う。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授などを経て2010年より現職。専門はメディア論。放送を中心に、メディアと社会の関係を考察している。北海道新聞、日刊ゲンダイ、月刊民放などに放送時評を連載中。著書に「テレビの教科書」ほか。民放連賞特別表彰部門「放送と公共性」審査員。放送批評懇談会理事。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合