NEW
林裕之&林葉子「少油生活のススメ」

トンカツは人体に危険!一流アスリートは魚食だった!子供の知能発達も促進

文=林裕之/植物油研究家、林葉子/知食料理研究家

リノール酸を減らすことも重要

 油の使い方のもうひとつのポイントは、オメガ6脂肪酸(リノール酸)の油を減らすことです。リノール酸には、炎症を促進する働きがあるからです。前出のシュレイ氏も、サラダ油やひまわり油、コーン油の摂取を禁止しています。特に試合前日は、それらで揚げたトンカツや天ぷら、また脂の多い肉類もNGで、魚を食べるべきだとしています。日本では、「試合に勝つ」というゲン担ぎとしてトンカツやカツ丼を食べ、それによってスタミナもつくと思われていますが、実は大間違いなのです。昨年開催されたラグビーワールドカップにおける活躍で注目されたラグビー日本代表の食事でも、トンカツは禁止されていました。一流のアスリートは、最新の情報と正しい油の使い方を取り入れた食生活をしています。菓子パンを供給していたオリックスは、見習うべきでしょう。

アスリート食は子供にも有意義

 適度な炭水化物、野菜、魚、そしてオメガ3脂肪酸のアマニ油、えごま油を基本とするアスリート食は、成長期の子供にも最適です。近頃は幼少期からのスポーツが盛んですが、ケガの予防だけでなくオメガ3脂肪酸が豊富な食は心身の成長に重要な役割を果たします。たとえば、DHAは知能の発達にも効果を発揮します。魚が苦手な子供が多いようですが、骨も食べられるサバ、サンマ、イワシの缶詰にはDHA、EPAがたっぷり含まれています。サバの水煮缶1缶(190g)にはDHA、EPAが3~8gも含まれているため、家族4人で食べても充分なオメガ3脂肪酸が摂れます。

 もはや食と運動をひとつのものとして取り組むのがアスリートの常識です。ゲン担ぎのトンカツより、オメガ3脂肪酸を多く含むサバ缶がアスリート食の本流といえます。
(文=林裕之/植物油研究家、林葉子/知食料理研究家)

●林 裕之 1956年 東京生まれ(植物油研究家)/林 葉子 1954年 東京生まれ(知食料理研究家)
娘のアトピー再発をきっかけに植物油の害を知る。あまり知られていない植物油の正しい情報を知ってもらうべく、「油を変えて美味しく体質改善」をテーマに、レシピ本や料理教室、ブログなどの活動を夫婦で展開中。著書に『「DE-OIL」でキレイになる』(MIDI)、『体に良い油で作る絶品料理 (1)からだがよろこぶ!賢脳・健康レシピ』『体に良い油で作る絶品料理 (2)あたまがよろこぶ!賢脳・健康レシピ』(ともにダイナミックセラーズ出版)などがある。

ブログ:「『DE-OIL』でキレイになる」…オメガ3系の油“アマニ油、えごま油” で体質改善。体と頭に効く油別の料理ブログ。

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合