NEW

かぐや姫意識のくら寿司、肉29cm積み上げ…「インスタ映え」暴走の飲食店

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ステーキガストのうに&イチボの熟成赤身ステーキ

 外食各社が「インスタ映え」するメニューを続々と開発している。

 すかいらーくが展開するステーキ・ハンバーグ店「ステーキガスト」は、12月21日から期間限定・数量限定でソーシャルネットワーキング(SNS)を意識して、「うに&ステーキ」フェアを開始した。「うに&イチボの熟成赤身ステーキ」など4種類を用意する。ウニは通常の30グラムと、2倍の60グラムの2つから選べ、追加で注文することもできる。

 シャリの上にウニを載せたすしのように、ステーキの上にウニをたっぷり載せ、SNS映えする肉料理「フォトジェ肉」として売り込む考えだ。フォトジェ肉とは、写真写りが良い様を意味する「フォトジェニック」と「肉」を組み合わせた造語だ。ここ数年続いている肉ブームと、勢いを増すSNSを組み合わせたフォトジェ肉は、消費者の心を揺さぶる強力なマーケティング上の概念といえるだろう。



 インスタグラムを代表とするSNSの流行とともに、「インスタ映え」「SNS映え」を意識したメニューを開発する飲食店が増えている。2017年は、例年以上に飲食店内で客が料理をスマートフォンなどで撮る光景を多く見かけたのではないだろうか。17年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に「インスタ映え」が選ばれたのもうなずける。外食産業各社は、SNS映えする奇抜な見た目のメニューを開発することに躍起になっている。

 ダイヤモンドダイニングが展開する居酒屋「九州黒太鼓 池袋」(東京・池袋)は、豚肩ロースを29センチメートルの高さまで積み上げた鍋料理を、10月からフォトジェ肉として売り出している。そのひとつの鍋料理「肉肉肉×29(にく)盛り辛鍋~赤マグマ仕立て~」は、積み上げた豚肉を「山」とし、頂点から赤味噌を垂らすことで、それを「マグマ」に見立てている。SNS映えにはもってこいのメニューだろう。

 もんじゃ焼き店「大木屋」もフォトジェ肉メニューを提供する。約800グラムのリブロースステーキ「肉のエアーズロック」がそうだ。一般的なステーキの重さの、実に4倍にもなり、その姿は世界最大級の一枚岩であるエアーズロックを彷彿とさせる。

かぐや姫意識のくら寿司、肉29cm積み上げ…「インスタ映え」暴走の飲食店のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、くら寿司インスタ映えステーキガストの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事