NEW

なぜ不動の首位マツキヨは突然4位に没落したのか?ウエルシア、超コンビニ化でダントツ1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツモトキヨシの店舗(撮影=編集部)

 今年のゴールデンウィークには、多数の外国人観光客(インバウンド)が日本に押し寄せた。ひときわ多かったのが、大阪・ミナミの繁華街として知られる心斎橋筋である。2017年1月に、関西国際空港にLCC専用ターミナルが開業したことで、中国を中心とした訪日客による消費の底上げにつながった。

 心斎橋商店街で、門前市をなす賑わいを見せているのがドラッグストアだ。中国人の“爆買い”が話題になった時は、炊飯器、魔法瓶、温水洗浄便座、セラミック包丁が「四宝」と呼ばれたが、化粧品と大衆薬が取って代わった。リップクリームや目薬なども大人気だ。

 心斎橋商店街には全国のドラッグストア各社が出店している。「“中国人御用達”ドラッグストア商店街に名前を変更したほうがいいのではないか」と皮肉る向きもある。

 このようにドラッグストアは元気だ。日本チェーンドラッグストア協会の2017年版「日本のドラッグストア実態調査」によると、全国の総店舗数は1万9534店。M&A(合併・買収)によって企業数は減少傾向が続いているが、直近の2年間で1000店以上が新たに出店した。

 2017年(暦年)の推定売上高は6兆8504億円。前年比5.5%増の大きな伸びとなった。売上高が6兆円を割った百貨店を上回る。調剤分野への取り組みや食品の取り扱い強化に加え、大都市でのインバウンド需要を取り込んだと分析している。

ドラッグストアの代名詞、マツキヨが首位から陥落

【ドラッグストア主要5社の17年度の連結業績】
※以下、社名(決算期)…売上高、営業利益(前期比の伸び率、▲はマイナス)

・ウエルシアHD(2月決算)…6952億円(11.6%)、288億円(19.7%)
・ツルハHD(5月期予想)…6700億円(16.1%)、399億円(13.1%)
・サンドラッグ(3月決算)…5642億円(6.8%)、360億円(5.9%)
・マツモトキヨシHD(3月決算)…5588億円(4.4%)、335億円(18.1%)
・コスモス薬品(5月期予想)…5524億円(9.9%)、200億円(▲10.1%)

 ドラッグストア業界は、M&A旋風によって群雄割拠の戦国乱世時代の終わりを迎えつつある。

 2017年、22年ぶりに首位が入れ替った。17年の売り上げでイオン系のウエルシアHDがマツモトキヨシHDを上回った。

 ドラッグストアの代名詞的存在だったマツモトキヨシHDは、さらに順位が後退する。18年3月期の連結売上高は5558億円。売上規模では業界4位となり、5位のコスモス薬品に猛追されている。5位転落の危機といっていい状況だ。

 マツキヨの業績が悪化したわけではない。都市部の店舗が多いことから訪日外国人観光客の消費が好調で3期連続で最高益を更新した。ただ、競合他社のようにM&A路線を採っていないため、売り上げで追い越されていったのだ。ドラッグストアの王者・マツキヨが、いつM&Aの封印を解くかが注目されている。

なぜ不動の首位マツキヨは突然4位に没落したのか?ウエルシア、超コンビニ化でダントツ1位にのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ウエルシアサンドラッグツルハドラッグストアマツモトキヨシの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事