NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

さくらももこさんを襲った「乳がん」、死亡者が過去30年で3倍に激増の理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」が描かれた旗を掲げる清水サポーター(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 漫画『ちびまる子ちゃん』(集英社)や『コジコジ』(同)、ベストセラーになったエッセイ『もものかんづめ』(同)などで有名なさくらももこさんが、8月15日、乳がんのため亡くなられた。享年53歳。

 昭和40(1965)年生まれの弱冠19歳で漫画家デビュー、昭和61(1986)年から少女漫画誌「りぼん」(同)で『ちびまる子ちゃん』の連載をスタートすると大ヒット。単行本などの累計発行部数が3200万部に達するなど、一種の社会現象を巻き起こした。

 平成2(1990)年からはフジテレビ系でアニメ『ちびまる子ちゃん』が放送され、当年の10月28日の平均視聴率は驚異の39.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。アニメ版のテーマソング『おどるポンポコリン』(B.B.クィーンズ)の作詞もさくらももこさんで、CDは164万枚も売り上げた。

 昨年からタレントの小林麻央さん(2017年6月22日死去、享年34歳)、フジテレビの名物アナウンサーだった有賀さつきさん(2018年1月30日死去、享年52歳。病名はご家族非公表、マスコミが推定)と、著名人の乳がんによる「若死」が相次いでいる。

『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃん役を担当していた声優の水谷優子さんも、一昨年(2016年)5月17日に49歳の若さで同じく乳がんで亡くなられた。

 2017年に乳がんと診断された日本人女性は8万9100人の多きを数える。同年に乳がんで死亡した女性の数も1万4400人にのぼる。乳がんによる死者は、この30年で3倍にも増加している。

 アメリカのがん学者が、がんを防ぐ唯一の方法は「Stay young!」(若さを保て)と喝破しているごとく、がんは一種の「老化病」である。しかし乳がんは、女性ホルモンにより増殖するという一面があるので、閉経前の40~50代の女性に多発するのである。

 授乳することで乳がんの発症が減少することは、50年も前から明らかにされている。よって、晩婚化、少子化で女性の授乳機会が減ったことも乳がん増加の一因になっているのではないだろうか。

エコー検査が重要


 乳がん死を免れるために、乳がん検診の重要性が叫ばれている。アメリカの検診率は85%と高いのに、日本のそれは40%と低いので、「アメリカの女性の乳がん死亡者は減少しているのに、日本の女性の乳がん死亡者が増加している」と専門家は口を揃えて言う。

「乳がんの腫瘤が2cm以下、リンパ管転移なし」ならば、手術、放射線、抗がん剤などの西洋医学が誇る三大療法で「ほぼ完治する」からだという。早期発見するほど治療効果が高まるという理由だ。

 よって、厚生労働省でも「マンモグラフィーによる乳がん検診を2年に1回行うように」と推奨している。

さくらももこさんを襲った「乳がん」、死亡者が過去30年で3倍に激増の理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、さくらももこちびまる子ちゃん乳がんの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事