NEW

石田純一らへのギャラ未払い騒動の出版社、破産の真相…オーナーは西和彦氏だった

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最終となった2018年11月号の「GG」

 東京商工リサーチによれば、GGメディア(新宿区)が11月6日、東京地裁より破産開始決定を受けたという。負債総額は債権者89名に対して約1億3700万円。

 GGメディアはシニア富裕層向けのファッションや雑貨などを紹介する月刊誌「GG(ジジ)」の発行を中心に、インターネット通販も手掛けていた。大手旅行代理店のエイチ・アイ・エス(新宿区)や、雑誌定期購読サービスなどを手掛ける富士山マガジンサービス(渋谷区)などが出資。雑誌「LEON」(主婦と生活社)などの編集長だった岸田一郎氏が取締役に入り、事業拡大を狙っていた。今年10月に「GG」を休刊するなど事業を縮小していたが、負債の処理のため今回の措置となった。

 この件に関しては「週刊文春」(文藝春秋/11月29日号)が『ちょいワルオヤジ雑誌休刊で石田純一にギャラ未払い発生』として、表紙モデルを務めていた俳優の石田純一などのギャラの未払い問題、岸田氏からのパワハラ被害を訴える元編集部員の声などを紹介している。記事のなかでは「今回の件で得をした人は誰もいないんですよ。僕の役員報酬も出なかったし。ただの雇われ取締役、雇われ編集長ですから」「私も被害者とは言いませんが、業務委託でやってたわけですから」という岸田氏の弁明も紹介していたが、そこに出版関係者にとっては気になる言葉があった。

「オーナー(西氏)がこれ以上お金を出せないっていうんで、休刊って判断が下ったわけですよね」

 西氏とは、ベンチャー起業の草分け的存在の西和彦氏だ。マイクロソフトのビル・ゲイツ元会長とは同い年の友人だ。実は西氏が、このGGメディアのオーナーだったのだ。西氏は最近、出版トラブルに見舞われている。西氏が同様にオーナーだったサブカル出版社のアスペクトでもギャラ未払い問題が発生しているのだ(当サイト記事『アスペクト、作家が印税未払いを告発…一斉に出版契約解除、オーナーはあの有名起業家?』参照)。

 アスペクトでの未払いに巻き込まれた債権者たちは「ここだけの話だが、アスペクトのオーナーは西和彦氏で、同氏は不動産を所有しているので、いざとなれば、すべての社の債務は整理できる」と説明があったために、ビル・ゲイツとも近い西氏であればと、請求を後回しにしていた。だが昨年、編集者などの社員がついに辞表を提出し、未払い賃金請求訴訟に打って出たことから事態が動いた。それを受けて、多くの執筆者が出版契約解除に乗り出したという騒動が今夏にあった。

石田純一らへのギャラ未払い騒動の出版社、破産の真相…オーナーは西和彦氏だったのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、GGGGメディアアスペクト石田純一の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事