NEW
小早川隆治「日本のクルマづくり~さらなる志・凛・艶・昂を目指して~」

日産「セレナ」がe-POWER投入でミニバンのベストセラーに躍り出た理由

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産、25年までに国内販売の50%をe-POWERに


 ノートe-POWERに加えて、今回のセレナe-POWER体験により、私の「発電機式電気自動車」に対する期待は大幅に拡大した。日産は、電気自動車(EV)とe-POWER搭載車を含む電動車の販売台数に占める割合が日本とヨーロッパでは22年までに40%、25年までに国内販売の50%がe-POWERになると見込んでいるが、それもうなずける。

 電池の革命が起こるまではe-POWERが電動車の主流になっても不思議ではない。ただし、ヨーロッパやアメリカなど高速道路主体の市場への導入はハードルが高そうだ。日産はEVとe-POWER の両方を市販しているのでデリケートかもしれないが、EVとe-POWER の“Well to Wheel”(油田から走行まで)の二酸化炭素の排出量をぜひ比較してみてほしい。

 最後に一言付け加えたいのが、マツダのロータリーエンジン(RE)をレンジエクステンダーに活用した「発電機式電気自動車」についてだ。数年前に「デミオ」に充電用のシングルREを搭載したクルマに試乗し、REのコンパクトさと振動のなさにあらためて感銘を受けたが、先日マツダが20年までにREレンジエクステンダーの商品化を公言したことをうれしく思うとともに、マツダにおいても、ぜひワンペダルドライブを検討することをおすすめしたい。
(文=小早川隆治/モータージャーナリスト)

●より詳しい情報はこちら→「車評オンライン

日産「セレナ」がe-POWER投入でミニバンのベストセラーに躍り出た理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、e-POWERセレナミニバン日産自動車自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事