NEW

「高い」と不評のスタバ、コーヒー1杯1200円の高級店が「高くない」と大満足した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

 2月28日木曜日、焙煎機を備えた高級コーヒー店「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が、東京・中目黒にオープンした。筆者は同日正午過ぎに同店を訪れたが、あいにくの雨にもかかわらず多くの人が訪れていた。入店希望者が殺到したためすぐには入れず、筆者は約1000人待ちとなる整理券を受け取り、3時間後にようやく入店することができた。

 スターバックスが「リザーブ ロースタリー」と呼ぶ高級店は、世界でも数が少ない。中目黒の店舗はシアトル、ミラノ、上海、ニューヨークに続く世界5番目の出店で、日本では初となる。

 外装を隈研吾がデザインした中目黒の店舗は4階建てで、どの階も多くの人で賑わっていた。建物の吹き抜け部分には1階から4階まで貫く高さ17メートルの豆の貯蔵庫がある。1階には大型の焙煎機があり、コーヒー豆の焙煎から袋詰めまでの過程を見ることもできる。ここで袋詰めされたコーヒー豆は全国のスタバ店舗に送られる。

豆の貯蔵庫

 提供する商品は、ほかのスタバ店舗にはないものばかりだ。飲料は100種類以上を取りそろえる。コーヒーは豆の産地や抽出方法を選んで注文できるものもある。フードメニューは伊ミラノ発の人気ベーカリー「プリンチ」が提供するパンなど個性豊かなものが多く並ぶ。デザートも厳選されたものをそろえる。品ぞろえは通常店とは比べものにならないほど豊富だ。

焙煎機

 筆者は商品のいくつかを実際に試してみた。ウイスキーの樽の中で寝かせた豆を使ったコーヒー「バレルエイジド コールド ブリュー」(1200円/税抜き、以下同)と、ハムとチーズを挟んだサンドイッチ「ブリオッシュ サンドイッチ プロシュート クルード&パルミジャーノ」(680円)、ラズベリージャムが載ったチーズケーキ「チーズケーキ ランポーネ」(700円)を注文。いずれも価格は高いが、相応のおいしさがあり十分満足できた。

筆者が注文した商品

 建物の2階では、お茶のブランド「ティバーナ」を提供する。酒粕と1週間茶箱で寝かせて日本酒の香りをつけた玉露「さくらの小径」(1200円)など、個性豊かなお茶を取りそろえる。3階には、スタバとして日本初のバー「アリビアーモ」が設けられ、ラガービール「テラスラガー」(900円)や期間限定のカクテルなどを提供する。3階にはテラス席もあり、春には目黒川の桜並木のお花見が楽しめそうだ。4階には30~40人が集えるスペースがあり、イベントやバリスタらの教育施設として利用される。

 同店のコーヒーの最低価格は580円で、通常店に比べて高めだ。しかし、商品のクオリティが高いほか、コーヒー豆の焙煎の様子を眺めることができるなど体験型の店舗になっていることや、おしゃれな内装であることが価格の高さを忘れさせる。また、中目黒というおしゃれな街に立地していること、店舗のそばを流れる目黒川や桜並木を眺められるなど眺望が良いことなども付加価値となっている。全体の完成度はかなり高く、価格が高くても十分受け入れられると感じた。

「高い」と不評のスタバ、コーヒー1杯1200円の高級店が「高くない」と大満足した理由のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事