NEW

ジープ、なぜ日本で販売台数10倍に?世界販売の4割が日本、不思議なジープ人気の正体

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジープ オフィシャルサイト」より

 第二次世界大戦で使用された軍用車を源流とする、アメリカ発祥の自動車ブランド「ジープ」。ご存じのように、7本の縦型スロットグリルと、丸みを帯びたヘッドライトを特徴とする車種だ。

 代表的なモデルには「ジープ・ラングラー」(以下、ラングラー)を挙げることができ、約11年ぶりのフルモデルチェンジとなる4代目が、昨年11月に発売されたばかりである。

 そんなジープは近年、日本での売上が絶好調だ。輸入元であるFCAジャパンが10月に行った、4代目ラングラーの発表会で公開された資料によると、2009年のジープの年間販売台数は1027台。ところが、昨年は実に1万91台という数値を叩き出しており、この10年間で約10倍に膨れ上がったことになる。

 日本の自動車市場はトランプ米大統領に「閉鎖的だ」と苦言を呈され、米自動車メーカーで世界ビッグ3のフォードも16年には日本事業から撤退した。それにもかかわらず、日本におけるジープの売上は世界全体の4割を占めているそうで、北米を除けば日本が最大のマーケットなのだという。

 なぜ今、アメリカ車のジープが日本でこれだけの注目を浴びているのだろうか。国内外の自動車事情に精通する、モータージャーナリストの伊達軍曹氏に話を聞いた。

若者がジープを選ぶのは、金持ち世代への反抗心?


 まず、ジープの日本でのポジションはどのように移り変わってきたのかを振り返ってもらった。

「ジープはアメリカ陸軍の軍用車として始まりましたので、当たり前のことながら、オフロード走行に特化しています。のちに民生版が生まれ、モデルチェンジと進化を繰り返していくわけですが、日本で生産がスタートした1953年から70年代くらいまでは、“ジープ=軍用車”というイメージが強かったのは間違いありません。『ウルトラマン』みたいな昔の特撮番組を見ても、地球防衛軍のような登場人物がジープに乗っていますよね。

 しかし、74年に『ジープ・チェロキー』の初代モデルが登場しました。これはラングラーの簡易版ともいえる小ぶりなSUV車で、『ジープは悪路だけではなく、街を走っても映える』という新しい印象を人々に与えたのです。87年には初代ラングラーが発売され、ジープは“普段使いできるオフロード車”としても認知されるようになりました。

ジープ、なぜ日本で販売台数10倍に?世界販売の4割が日本、不思議なジープ人気の正体のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アルファロメオジープメルセデス・ベンツの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事