NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

北朝鮮、「自由朝鮮」が臨時政府樹立を宣言…金正恩体制崩壊を狙いテロ活動、米国も関与か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回米朝首脳会談(写真:AP/アフロ)

 スペインのマドリードで2月下旬に起きた北朝鮮大使館襲撃事件に関与したとみられる「千里馬民間防衛」は3月1日、「自由朝鮮」と名前を変え、同11日に発生した駐マレーシア北朝鮮大使館の塀に落書きをしたことがわかっている。さらに、20日には同組織のホームページ上に、金日成主席と金正日総書記の肖像画が床にたたきつけられる動画を公開。ガラスが割れて破片が飛び散る映像のあと、「金日成、金正日、金正恩神格化を打倒する。祖国のために我々は立ち上がる!」という字幕が続いた。この模様は駐スペイン北朝鮮大使館を襲撃した際、撮影したとみられる。

 では、自由朝鮮という組織の実態はなんなのか。自由朝鮮は3月28日、新たに声明を発表して、「北朝鮮を脱出し、世界各国にいる同胞が結集した脱北民の組織」としたうえで、「我々は行動により北朝鮮内の革命同志とともに金正恩(キム・ジョンウン)政権を根元から揺さぶるだろう」と主張し、「さらに大きなことが控えている。メディアは我々の組織の実体や構成員に関する関心を自制してほしい」と求めている。

 自由朝鮮は最近、欧州や東南アジアなど拠点を置き、金正恩体制打倒のための「臨時政府」の発足を宣言、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄で2017年2月にマレーシアで暗殺された金正男氏の長男、金ハンソル氏を最高指導者に担いでいることを明らかにしており、「(北朝鮮において)金氏一家の世襲を切るつもりだ」と強調している。

 これらの声明から判断すると、自由朝鮮は、金正男氏が武器の密輸や金委員長らへの贅沢品買い出しなどのため海外で組織した秘密機関に属する、金氏の元側近や元部下、脱北者らによって結成されていることがわかる。なぜならば、自由朝鮮の前身の千里馬民防衛は17年2月、金正男氏がクアラルンプール国際空港でVX神経作用剤による攻撃で殺害された後、同年3月7日にハンソル氏と家族を安全国家に逃避させたと主張しているからだ。

米FBIやCIAとの関係も取り沙汰


 それでは、なぜ駐スペイン北朝鮮大使館を襲ったのかという疑問が残る。報道によると、大使館を襲った一味約10人は館内のコンピューターや携帯電話を奪って逃走したが、これらのコンピューターなどには北朝鮮による制裁逃れや欧州からの高級品密輸に関連する連絡先や文書が含まれている可能性があるからだという。

北朝鮮、「自由朝鮮」が臨時政府樹立を宣言…金正恩体制崩壊を狙いテロ活動、米国も関与かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、北朝鮮米朝首脳会談金正恩の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事