NEW

「ムーミンバレーパーク」があまりに“がっかり&うんざり”…駅から30分、別料金の嵐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ムーミンバレーパークの看板

「日本にムーミンのテーマパークが誕生する」というニュースが出たのは2013年のこと。それから6年、ついに今年の3月16日、かねて開業が待ちわびられていた「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープンした。

 同パークは「ムーミンの物語を追体験できる場所」とうたわれ、体験型アトラクションやインタラクティブな体感展示スペース、ムーミンにまつわるグルメなど、五感を使ってムーミンの世界を満喫することができるという。

 しかし、開園初日に大勢の人で賑わうムーミンバレーパークを訪れて感じたのは、なんともいいがたい物足りなさだった。

自然を優先した立地が微妙すぎる?


 ムーミンのライセンスに関する事業を総合的に行うライツ・アンド・ブランズによれば、ムーミンは世界市場規模で6億ユーロを超える人気キャラクターであり、日本はそのうち46%を占めているという。

 日本におけるムーミンは、なつかしアニメのキャラクターとして根強い人気を保ってきたが、11年以降は原作者のトーベ・ヤンソンによる“エバーグリーンな文学・アート作品”というポジショニングを強化させ、大人の女性を中心に関連商品の売り上げを伸ばしている。そんな日本に、本場フィンランドを除けば世界初となるムーミンのテーマパークができるのは、当然といえば当然だろう。

 ムーミンバレーパークは、埼玉県飯能市に昨年11月にオープンした「メッツァ」という複合施設の中にある。メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァヴィレッジ」(入場無料)とムーミンの物語を主題としたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」(有料)という2つのエリアから構成されており、フィンテック グローバルという企業が運営している。

 敷地面積は隣接する宮沢湖を除くと23.6万平方メートル、うちムーミンバレーパークは7.3万平方メートルと3分の1程度しかない。ちなみに、ムーミンバレーパーク自体の運営はムーミン物語という企業が担当しており、原作者の想いを念頭に置いたサービス提供を心がけているそうだ。両施設合わせての総事業費は150億円で、年間の入場者数は100万人あまりを見込んでいるという。

“北欧を思わせる自然豊かな”メッツァは、西武池袋線の飯能駅、またはJR八高線の東飯能駅が最寄りで、各駅から15分程度バスに揺られてようやく到着となる。さらに、ムーミンバレーパークはメッツァヴィレッジを抜けた先にあるため、メッツァに到着してから15分ほど歩かないといけない。

 都心から各最寄り駅までは、西武池袋線の特急号を使っても1時間以上はかかってしまう。クルマのほうがアクセスしやすいかもしれないが、駐車場料金は土日祝で2500円、さらに事前にネット予約が必要だ。予約なしの場合は30分ごとに500円かかるという。そうした点を考えても、交通利便性の高い施設とはいえないだろう。

アトラクションもショーも物足りない


 パークに到着したのは、開園から1時間半が経過した11時30分頃。園内スタッフによると、朝は入場待ちで長蛇の列ができていたというが、待つことなくすんなり入園できた。チケットは事前にネットで購入でき、スマートフォンの画面がチケットになるため、大変手軽だ。

「ムーミンバレーパーク」があまりに“がっかり&うんざり”…駅から30分、別料金の嵐のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、テーマパークムーミンムーミンバレーパークメッツァ埼玉県の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事