NEW

【BIGBANG V.I関与】韓国芸能界の性接待&違法ドラッグ汚染、国家的問題に発展

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BIGBANGの元メンバー、V.Iが警察に出頭(写真:AP/アフロ)

「史上最悪のスキャンダル」(スポーツ朝鮮)――。韓国芸能メディアが今こぞってこう書き立てているのが、「V.Iゲート」事件だ。

 これは、ソウル・江南地区のクラブ「バーニングサン」を端緒とする一連のスキャンダル。売春斡旋、違法な盗撮動画の共有、薬物の使用・取引、警察との癒着、横領、脱税、さらに中国裏社会のマネーロンダリングなどの疑惑が、昨年12月から現在までとめどなく噴出し続けている。

 そこに深くかかわっていたのが、バーニングサンの取締役だった「V.I」こと本名イ・スンヒョン(28歳)。K-POPを代表する男性5人組アイドルグループ、BIGBANGの一員だ。

 BIGBANGは日本での人気も高く、メンバー3名が兵役に就く2018年まで海外アーティストとして初の5年連続ドームツアーを行った。ただしV.Iは今回の事件を受け、3月11日に芸能界引退を表明。13日には所属事務所YGエンターテインメントとの専属契約も解除され、「元メンバー」となった。

人気アイドルグループのメンバーも次々と芸能界追放

 V.IゲートではFTISLAND、CNBLUE、Highlightといった人気アイドルグループのメンバーやソロ歌手らも、違法なわいせつ動画などの共有に関与していた。女性との性行為を盗撮・流布した疑いで1名が逮捕、そのほかV.Iを含む計8名が、盗撮やわいせつ物の共有などで立件されている(4月14日現在)。

 彼らが動画を共有していたのは、韓国の代表的なSNSサービス「カカオトーク」のグループチャットルーム「タントクパン」。メンバーは計16名とされ、そのうち10名の芸能人が実名を報じられている。

 さらに4月に入ってこの16名とはまた別に、俳優、モデル、財閥系企業社長の息子、大手クラブ関係者らが違法動画を共有していたタントクパンの存在も表面化。一連の疑惑や摘発は江南を中心としたクラブ全般に及んでおり、芋づる式のスキャンダルは終わりがみえる気配がない。

1億ウォンの高級シャンパンセット

 韓国の首都ソウルは、幅約1kmの川・漢江をはさんで南北に分かれる。北側が古くから栄えた旧市街・江北、南側が戦後になって急速に開けた新市街・江南だ。江北が庶民的な面影を残すのと対照的に、江南は高級で洗練されたエリア。同時にまた美容整形や派手な不動産投機のメッカでもあり、虚飾とマネーゲームのギラついた街というイメージも根強い。

【BIGBANG V.I関与】韓国芸能界の性接待&違法ドラッグ汚染、国家的問題に発展のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!