NEW

マツキヨ、もはや“買わない理由がない”日用品5選…安すぎ&便利すぎ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「マツモトキヨシHP」より

 関東を中心に全国展開しているドラッグストア、“マツキヨ”こと「マツモトキヨシ」。年々競争が激化するドラッグストア業界のなかで戦ってきたマツキヨは、今や知らない人はいないといっても過言ではない存在だろう。

 マツキヨの歴史はかなり長く、その始まりは1932年に千葉県松戸市で開かれた個人薬局「松本薬舗」までさかのぼる。51年には創業者・松本清のフルネームを冠した「薬局マツモトキヨシ」に改名し、徐々に店舗数を増やしていくと、2010年には1000店舗を突破。超大型チェーン店へと成長していったのだ。

 そんなマツキヨを運営するマツモトキヨシホールディングスは、2018年3月期の決算によると売上高は5588億7900万円で、前年同期比4.4%増、さらに営業利益は同18.1%増の335億6500万円、純利益は同13.1%増の227億5500万円と、過去最高の業績をマークしている。

 それほどまでに人々はマツキヨのお世話になっているわけだが、多くの日用品や食品が店内を彩るなかで「matsukiyo」と名づけられたオリジナルブランドも販売されていることは、もしかしたら意外と知られていないかもしれない。15年に誕生したmatsukiyoは、どれをとっても高品質で人気があり、リピート率の高い商品ばかりだ。

 そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、matsukiyoのなかから日用品にターゲットを絞り、買うべき商品5つを独断で選ばせてもらった。

【この春、買うべきマツモトキヨシの日用品5選】

耳が痛くなりにくいマスク 大きめサイズ 10枚入/198円(税込、以下同)

 花粉症などで毎日マスクが手放せないといった人も多いのではないだろうか。そんな人にうってつけなのが、matsukiyoの「耳が痛くなりにくいマスク 大きめサイズ 10枚入」だ。

 1枚約20円という安さながら、サイズの大きさと頑丈さが人々の支持を集めている要因らしい。さらに、耳にかけるヒモの部分は柔らかく伸縮性があるため、長時間つけていても耳が痛くなりにくいのもありがたいところ。

 また、他社のマスクにはあまり見られない特徴として、鼻の部分だけでなく、マスクの中央にも横向きにワイヤーが入っている。これによって口元に空間ができやすくなり、マスクをしたときに感じられる息苦しさが軽減されるというわけだ。

パープルショットプラス/999円

 のどの痛みや炎症だけでなく、声がかれてしまったときや口内炎の助けにもなってくれる「パープルショットプラス」も、おすすめしたい商品のひとつだ。

 こちらはスプレータイプの医薬品で、患部に直接吹きかけるだけで効果が得られるお手軽さが魅力。メントール配合のため爽快感があり、使用すればたちまちのどがスッキリするという優れものだ。

 片手にすっぽり収まるサイズ感なので持ち運びに便利だし、スプレーの先端にはフタがついていて衛生的なのも嬉しい。風が強く、まだまだ乾燥しがちなこの時期に、ぜひカバンに忍ばせてみてはいかがだろうか。

マツキヨ、もはや“買わない理由がない”日用品5選…安すぎ&便利すぎのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事