NEW
短期集中連載「平成30余年のテレビドラマ史」最終回

BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界の今後

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 5月1日、いよいよ新元号「令和」が施行され、「平成」時代が幕を閉じた。

 平成元年時の“月9”枠は『君の瞳に恋してる!』(主演・中山美穂)、NHK大河ドラマは『春日局』(主演・大原麗子)、NHK朝の連ドラは『純ちゃんの応援歌』(主演・山口智子)であった。一方、平成最後の月9は『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(主演・窪田正孝)、大河は『いだてん~東京オリムピック噺~』(主演・中村勘九郎、阿部サダヲ)、朝ドラは『なつぞら』(主演・広瀬すず)である。

 この30年余の平成の御代、ドラマは時代を映し、またドラマが時代に影響を与えもし、数々の名ドラマ・迷ドラマが生まれた。この間、ドラマはどう変わり、そして何が変わらなかったのか、ニッポンのドラマに精通した2人の猛者が語り尽くす。

 ひとりは、テレビドラマ研究の専門家で、『ニッポンのテレビドラマ 21の名セリフ』(弘文堂)などの著作もある日本大学芸術学部放送学科教授の中町綾子氏。対するもうひとりは、本サイトにて「現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”」を連載する某芸能プロマネージャーの芸能吉之助氏。

 芸能界の“オモテ”を知る女性研究者と、“ウラ”を知悉する現役マネ。この両者は、平成のドラマ史をどう見るのか? 平成31年から令和元年をまたぐゴールデンウィークの短期集中連載として、全10回を一挙お届けする。

 連載最終回の今回のテーマは、我々「視聴者」。平成時代、スマホの普及で大きく変化した私たちの生活スタイル。SNSやネットメディアの隆盛はドラマ視聴にも大きな影響を与えてきた。そうした視聴者の変化について分析していく。

【対談者プロフィール】
中町綾子(なかまち・あやこ)

日本大学芸術学部放送学科教授。専門はテレビドラマ研究。文化庁芸術祭テレビドラマ部門審査委員、 国際ドラマフェスティバルinTokyo 東京ドラマアウォード副審査委員長、ギャラクシー賞テレビ部門選奨委員を務める。“全録”(全チャンネル録画)できるHDDレコーダーがなかった時代から、研究室に5台以上のレコーダーを設置してドラマを見まくり研究してきたというドラマ猛者。

芸能吉之助(げいのう・きちのすけ)
弱小芸能プロダクション“X”の代表を務める芸能マネージャー。芸能ニュースを芸能界のウラ側から解説するコラムを「ビジネスジャーナル」で連載中。ドラマを観るのも語るのも大好き。最近の推しドラマは『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK総合)。

「Getty Images」より

“ネット以前”は幸福な時代だった

――この30年間で、ドラマを作る側の変化はもちろん、視聴者を取り囲む状況も大きく変わったと思います。特に近年では、SNSやこうしたネットメディアの隆盛がドラマに影響を与えているのではないでしょうか。

吉之助 先ほども話が出ましたが、大河ドラマでいえば『平清盛』(NHK総合、2012年、主演・松山ケンイチ)、朝ドラでいえば『あまちゃん』(NHK総合、2013年、主演・能年玲奈)あたりから「○○萌え」「○○ロス」なんていう形で、視聴者がSNSで繋がって盛り上がっていくような動きがよく見られるようになりました。民放でも、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、2016年、主演・新垣結衣)なんかは、局の側も視聴者を巻き込んだSNS運用を積極的に行っていましたよね。Instagramで、“#恋ダンス”“#みくり飯”などハッシュタグ付きの情報をどんどん発信するなどして。

 そんなふうによい方向に盛り上がっている場合はいいのですが、逆に、やれ視聴率が下がっただとか、誰の演技が大根だとか、ネガティブな情報や中傷が放送中からガンガン出てくるような状況は、作ってる側からすると正直しんどいですよね。

中町教授 脚本家の方や制作現場の方にお話を聞く機会もあるのですが、制作の途中でネガティブな意見が耳に入ってきて、デフレスパイラルのように、どんどん現場が辛くなっていくということがあるそうなんです。ネットがここまで一般的ではなかった時代は、「話題にならないのが一番辛い」といわれていて、新聞やテレビ局への投書のほか、雑誌や新聞のコラムで取り上げられたということは、よい意見にしろ悪い意見にしろ、評価されたということの証明だったと聞きます。

 そういうなかでドラマを作れていたというのは、ある意味幸せだったのかもしれません。外部からの声によって揺らがない人なんて、いないですからね。全10話の連続ドラマを作る過程で、試行錯誤しながら作品を熟成させていく中、即座に受け手からの反応がどんどん入ってくるようになったというのが、最近のテレビドラマ事情の大きな変化だと思います。幸せか不幸かでいえば、辛い部分のほうが多いのかもしれないと思います。

吉之助 本当にそうですよね。

BS、アマゾン、ネットフリックス…多チャンネル化で予算削減…疲弊するドラマ業界の今後のページです。ビジネスジャーナルは、連載、あまちゃんみくり飯恋ダンス逃げ恥の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事