NEW
片山修のずだぶくろトップインタビュー 第16回 小西工己氏(名古屋グランパ スエイト社長)

名古屋グランパス、J2降格から1年でJ1復帰、平均観客数歴代1位の“奇跡の軌跡”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小西工己(こにし・こうき):名古屋グランパスエイト 代表取締役社長。1959年山口県生まれ。82年に東京外国語大学フランス語学科卒業後、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2007年広報部長、12年常務役員、14年技術管理本部長、15年ミッドサイズビークルカンパニーエグゼクティブバイスプレジデントなどを経て、16年12月名古屋グランパスエイト顧問、17年4月から現職。

 今日、スポーツビジネスに注目が集まるなか、サッカーJリーグ名古屋グランパスエイトは昨年、リーグ戦平均入場者数2万4660人と歴代1位を記録した。トヨタ流の経営が成果をあげている。

 2016年、クラブ史上初のJ2リーグ(J2)への降格を喫した後、マネジメントは一新された。グランパスの再建を託され、社長に就任したのは、トヨタ自動車常務役員でミッドサイズビークルカンパニーのエグゼクティブバイスプレジデントだった小西工己氏だ。

 彼の指揮下、グランパスは1年でJ1リーグ(J1)に返り咲き、観客動員数を着実に伸ばしている。3年目を迎える小西氏に、グランパス再建の要諦を聞いた。

片山修(以下、片山) 名古屋グランパス社長に就任されて2年が経ちました。当時はまさかの人事、びっくりされたでしょう。

小西工己氏(以下、小西) J2降格が決まった後、社長交代の観測記事が出て、グランパスの新社長にはトヨタの常務級がつくと書いてあったんですよ。一部のマスコミは、グランパスのネガティブキャンペーンを張っていて大荒れでした。私は広報・渉外対応もやっていたので、もしかしたら「くるかもな」とは思っていたんですね。

 1週間くらい後、豊田章男社長から執務室に呼ばれました。「なんで呼ばれたかわかるか」といわれたんです。もしかしたらグランパスの件かなとは思ったんですが、「なんでございましょうか」と。そして「名古屋グランパスの社長をやってくれ」ということを、丁寧に説明されました。

片山 グランパスは、トヨタから51%の出資を受ける子会社ですね。ミッションは、なんだったんですか。

小西 「なんのためのグランパスかわからなくなっているから、強くてお客さまから愛されるグランパスに復帰させてくれ」ということでした。それと、「1年でのJ1復帰を命ずる」と。

片山 エッ! それは初めからいわれていたんだ。

小西 はい。ストレッチしたターゲットだった。まだチームのことは何も知りませんでしたが、回答は「イエス・サー」。それしかありません(笑)。「もう、しっかりとやらせてもらいます」と即答して、「思う存分やってくれ」と激励されました。

片山 17年4月から正式に社長に就任されました。生活が一変したでしょう。トヨタ時代と比べて、どうですか。

小西 トヨタでは、セキュリティや時間の問題で、役員になってからは、移動は主にハイヤーやタクシーでした。一方、いまはスタジアムにいくのも、会社に通うのも、名古屋周辺は全部自分の運転。お酒が入る時は電車でいきますし、時間がなければクルマでいって代行運転を頼みます。クルマの運転は楽しいですが。

名古屋グランパス、J2降格から1年でJ1復帰、平均観客数歴代1位の“奇跡の軌跡”のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事