すてきナイスグループ、粉飾決算疑惑で検察が強制捜査…過去6年ずっと粉飾か

すてきナイスグループ本社ビル(「Wikipedia」より)

 資材と戸建て・マンションの2本立てのすてきナイスグループに5月16日午前、粉飾決算の疑いで証券取引等監視委員会と横浜地検が強制調査に入った。

 5月10日、2020年3月期は2ケタ増益の見通しと発表したことから買いが入り、株価は16日に年初来高値の1129円を付けた直後の粉飾決算疑惑だけに、株価は急落した。6月7日には年初来安値の545円まで崩落、約3週間で半値以下になった。6月13日の終値は613円。

 横浜地検と証券取引等監視委員会は、すてきナイスグループ本社を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで家宅捜索した。

 5月17日付毎日新聞は、こう報じた。

<関係者によると、2015年3月期決算で、ペーパーカンパニーに数十億円規模の資金を貸し付け、ペーパーカンパニーは、その資金でグループ傘下企業の不動産を購入。グループの連結決算で利益が出たように装い、本来の損失を隠した疑いがある。グループはこうした虚偽の有価証券報告書を関東財務局に提出したとされる。問題の有価証券報告書では、第1~第3四半期まで赤字だったが、第4四半期には大幅な黒字に転換。通期でも黒字となっていた>

 15年3月期の有価証券報告書によると、第1四半期は10億8600万円の最終赤字、第2四半期は同17億4400万円の赤字、第3四半期は26億3300万円の赤字。ところが、通期では一転して4億8800万円の黒字だった。

 架空取引で連結対象のグループ会社の利益をかさ上げし、本体の決算を最終黒字にしたという疑惑である。

創業家出身の平田恒一郎会長兼CEOが退任

 すてきナイスグループは5月20日、同日付で木暮博雄社長が取締役に退き、後任社長に杉田理之取締役が就く人事を発表した。創業家出身の平田恒一郎会長兼最高経営責任者(CEO)と日暮清副会長も辞任した。

「経営陣の捜査への協力が多くなることを鑑(かんが)み、取締役会での迅速な意思決定のため、(トップを)変更した」と説明し、「引責辞任ではない」とした。

 杉田新社長は宮城県出身で、1983年に宇都宮大学農学部を卒業後、日榮住宅資材(現すてきナイスグループ)に入社。2010年に取締役、18年に子会社のナイス社長に就任。

 実は、すてきナイスグループの粉飾決算疑惑は15年3月期決算にとどまらない。14年~19年の決算で粉飾に手を染めていた疑いが浮上している。これらの年度でも、4~12月の第3四半期まで赤字だったのに、最終的には黒字に転換しているからだ。15年3月期決算と、まったく同じパターンだ。

 社長に就いた杉田氏は記者会見し、捜査への協力を強調する一方で、「通常取引の一環であり、架空売り上げ計上による粉飾決算などに当たらないと認識している」と述べた。第4四半期に利益が集中するのは「不動産、住宅関連事業は、年度末に引き渡すことが多く、売り上げの計上がその時期に集中するためだ」と説明した。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

企業・業界

ビジネス

総合

SNS