NEW

武田薬品、「グローバル企業」標榜の欺瞞…国際標準的な役員報酬減額ルール導入を拒否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武田薬品、「グローバル企業」標榜の欺瞞…国際標準的な役員報酬減額ルール導入を拒否の画像1
武田薬品・東京本社(「Wikipedia」より)

 武田薬品工業の株主総会は、創業一族と外国人経営者の対立が恒例となっている。昨年の総会はアイルランドのバイオ医薬品大手シャイアーの巨額買収を表明した直後であり、買収に反対する一部の創業一族と武田薬品のOB株主でつくる「武田薬品の将来を考える会」が「大型買収について株主総会の事前決議の義務付け」を株主提案した。だが、提案への賛成率は9.44%にとどまり、否決された。

「考える会」は今年、取締役に報酬を返還させるクローバック条項を提案し、過半数の支持を得た。特別決議なので3分の2の賛成が必要なため否決されたが、事実上、「考える会」は勝利したことになる。

 武田薬品の定時株主総会は6月27日午前10時、横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜 国立大ホールで開かれた。

 1949年に株式を上場以来、創業の地である大阪で総会を開いてきたが、今年は主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪で開催されるため、横浜市に移した。その影響か、参加人数は1099人と昨年(3091人)を大きく下回った。来年は大阪で開く予定だ。

 6兆2000億円を投じてシャイアーの買収を完了し、最初の総会となった。

 クリストフ・ウェバー社長兼CEO(最高経営責任者)は、世界最大市場の米国に強みを持つシャイアーの買収について、「革新的な新薬を創出し、世界中で製品を販売できる規模を得た」と自信を示した。そのうえで「世界第2位市場の中国でも、5年以内に10品目以上の販売を目指したい」と語った。

クローバック条項とは何か

 今年の総会でもっとも関心を集めたのは、買収で巨額損失が発生した場合、役員報酬の一部を返還させるクローバック条項を定款に盛り込むように求める「考える会」の株主提案だった。具体的には「過去の過大投資の減損損失が出たり、過年度決算の修正が起きたりした場合には報酬額を算定し直し、返還または減額させる」といった文言の追加などを提案した。

 クローバック条項とは、巨額損失や重大な不正会計が発生した場合、支給済みの業績連動報酬を会社に強制的に返還させる条項だ。欧米では2008年の金融危機後に、金融会社などで導入が進んだ。現在、米製造業では9割以上が導入しているという。

武田薬品、「グローバル企業」標榜の欺瞞…国際標準的な役員報酬減額ルール導入を拒否のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事