NEW
道明寺美清「人生は大逆転できる!」

元祖マネーの虎・南原竜樹氏、年商100億円→ホームレス→再び年商100億円に大復活!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南原竜樹氏

「人生100年時代」と政府が掲げ、高齢者の雇用促進、リカレント教育などに力が注がれる。一方で早期退職を募る大手企業も多く、終身雇用制度は崩壊しつつある。そんな現状に不安を感じる方も多いだろう。しかしながら、人生はあきらめなければ、いつだって逆転できるのである。本連載では、どん底人生からあきらめずに逆転した経験を持つ人を紹介していく。

 リアリテイ投資番組『マネーの虎』(日本テレビ系)で「冷徹な虎」と呼ばれ人気を博した南原竜樹氏。自動車の輸入販売から始めたビジネスは時代の波に乗り急成長を遂げ、最盛期は年商100億円を誇った。若き成功者は瞬く間に話題の人となり、メディアにも数多く出演した。しかし、栄華を極めた日々から一転、想定外の出来事で30億円の負債を抱え人生はどん底に落ち、一時はホームレスも経験した。しかし、どん底にいても南原氏が“虎”であることに変わりはなかった。人生を大逆転し、さらに屈強な虎となった南原氏に話を聞いた。

大学時代に車の並行輸入

 青年時代からクルマが好きだったという南原氏のビジネスの始まりは海外旅行だった。

「大学の時に旅行で海外を訪れた際、日本に比べてクルマの値段が安いことに驚きました。これは買わない手はないなと。そうなると当然、日本へ輸入することになるわけですが、最初は大変でした」

 当時はインターネットもなく、輸入するにも手本があるわけでもないため、すべては手探りだった。

「運輸省や陸運局に足を運び、どうしたらいいかを聞いて、必要なことを一つひとつこなして、なんとか輸入することができました。当時の役所は偉いというか、あんまり親切じゃなかったから大変でしたね」

 なんとかクルマの輸入に成功し知人に販売したところ、南原氏の販売するクルマは安いと評判になり、日本全国から注文が殺到したという。当時の日本で販売されていた高級外車と並行輸入車とを比べると、数百万円も価格が抑えられることもあり、安く販売できた上に利益も出た。

「当時、“アラブの自動車商人”って呼ばれることもあるくらいに買い付けもしたし、日本国内ではおもしろいくらいに売れましたね」

 28歳で会社を設立した後は、アルファロメオの代理店を買収して「TVR」「MGローバー」のインポーターとなり、順調に業績を伸ばし、一時は年商100億円を誇った。

ローバーの倒産で一転

 マザーズ上場を視野に入れるほど業績が順調に伸びていた矢先、ローバーが倒産した。

「ローバーの倒産は大きな出来事でした。それまで将来は、マザーズに上場するつもりでいたし、もしローバーの倒産がなければ上場して今頃は時価総額1000億ぐらいの会社になっていたかもしれない、とは思いますね」

 冗談めかして話す南原氏だが、当時の状況は苦しかったという。

「銀行からの借り入れが30億円くらいあったのですが、ローバーの倒産で僕の会社がダメだとなった途端、銀行は一気に返済を迫ってきました。幸い、それまでうまくいっていて、それなりに資産もあったから、なんとか返すことができました」

 しかしながら、銀行へ返済を終えたとき南原氏の資産はなくなった。

元祖マネーの虎・南原竜樹氏、年商100億円→ホームレス→再び年商100億円に大復活!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事