NEW
企業・業界

前澤社長、ZOZOをヤフーに売却…社員置き去りで「株売却益2400億円超」獲得か

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちなみに、今回のTOBでヤフーはZOZOの発行済み株式の50.1%を上限に買い付け、子会社化を目指すという。買収額は最大で4007億円と発表されている。前澤氏はZOZO株を36.76%保有しており、TOBに応じて大半の株式を売却するといい、買い付け価格は2620円と報じられている。そのため、単純計算で前澤氏は2400億円以上を手にすることになり、9月12日放送の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、MCの宮根誠司アナウンサーが「これ、びっくりしましたね」「税金で半分持っていかれても1200億円ぐらい手元にあるわけですよ。1200億円! 使いきれない」「剛力ちゃん、いいなぁ」と驚嘆する場面もあった。

 前澤氏は今年2月、ZOZOの業績悪化を受けて「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください」と宣言したものの、2カ月後にツイートを再開した経緯がある。前澤氏が目指した“結果”は、退任までに出せたのだろうか。

(文=編集部)

関連記事