NEW
木下隆之「クルマ激辛定食」

日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった“売れ方”をしている

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった売れ方をしているの画像1
日産「スカイライン 400R」

 日産自動車の「スカイライン」は、従来の「インフィニティ」ブランドから「NISSAN」ブランドとなったが、評判がすこぶる良いようである。

 運転支援技術「プロパイロット2.0」は、今の日本ではもっとも進んでいる技術であり、すぐそこに自動運転の世界が迫っていることをうかがわせる。日産の伝統的ブランドであるスカイラインはいま、息を吹き返そうとしている。

【完了】日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった売れ方をしているの画像2

 その象徴が「400R」なのだろう。搭載するエンジンは、3リッターのV型6気筒ツインターボ。最高出力は405ps/6400rpm、最大トルク475Nm/1600~5200rpmである。そのパワーがグレード名の由来になった。

 特別仕様でも限定モデルではない。だが、304psの3リッターのV型6気筒ツインターボや3.5リッターのV型6気筒ハイブリッドのGTグリードとは立ち位置は別物だ。カタログも、別である。

 外観からして、特別さを誇示するような存在感が際立っている。車高は低く抑えられており、安定感がある。マット系ホイールの奥底で、アルミレッドキャリパーの対向ピストンブレーキが、攻撃的な何かを主張している。

【完了】日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった売れ方をしているの画像3

 室内に乗り込んでも同様で、ブラックの本革シートには個性的な編み込みが施されており、赤いステッチが特別感を漂わせる。そもそもリアの「400R」のエンブレムが、走り好きのハートをくすぐるのである。

 走りだしても、感動は薄れない。まずはいきなりパワー感に驚かされた。400馬力の数字にいまさら驚くことはないが、数値以上に力強く感じたのも事実。こんなに速いとは想像もしていなかった。

【完了】日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった売れ方をしているの画像4

 それでいて、回転フィールは上質である。がさつな感覚は一切なく、高回転まで淀みなく吹け上がる。日産が新開発したというガソリンエンジン、V型6気筒の完成度は驚くばかりだ。「リーフ」や「E-POWER」などに注力する日産でありながら、内燃機関の熟成を疎かにしていなかったことに感心させられた。

 走りも同様に上質である。微低速では路面からの凹凸を拾う傾向にあるが、全域にわたって滑らかな印象が強い。足回りを鍛え上げ、いたずらに固めた印象はない。鍛えたのは「深層筋」と呼ばれる体幹であり、鎧のようにカチカチに筋肉を鍛えたのとは異なる。

 そんな400Rの受注は好調だという。スカイライン全体の約3割が400Rに集中しているというから、ある意味では異常な数字である。

【完了】日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった売れ方をしているの画像5

 スカイラインの評判が良く、400Rも好印象である。だが、別のカタログで紹介するような特別な最上級スポーツモデルの販売が3割を超えるなどとは、正直に言って想像していなかった。つまり、それほど走りの確かなスカイラインを待ち焦がれていたユーザーがいたということだ。

 ちなみに、もうひとつ興味深いデータがある。400Rの注文書に印を付けた3割のユーザーの内訳は想像に難くない。60歳前後のシニアユーザーだけではなく、30代も少なくないという。かつてのスカイラインの栄光再来を願うユーザーだけではなく、その栄光を知らない層の琴線にも響いているのだ。

 スカイラインは、日産復活の狼煙としての資質がある。
(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

日産スカイラインへの称賛鳴りやまず…想像もしなかった“売れ方”をしているのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事