NEW

天海祐希も現役時代に踊っていた!宝塚歌劇に息づくクイーンと『ボヘミアン・ラプソディ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オリジナルサウンドトラック版『Bohemian Rhapsody』(Virgin EMI)

 2018年11月に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、10月19日にテレビ初放送されるという。

 この4月にはDVD/ブルーレイも発売されたのだが、2019年ゴールデンウィークのあとも地道に動員を伸ばし続け、今年5月に発表された最終的な興行収入は130億円超、歴代の実写洋画ランキングでは堂々の9位に位置しているという。

 これを受け、有料衛星放送のWOWOWながら、10月19日20時よりテレビ初放送、さらにWOWOWは19日土曜、20日日曜の2日間にわたってクイーン関連の映像作品を一挙放送する「クイーン大特集」を組むという熱の入れようだ。

 2月の第91回アカデミー賞では主演のラミ・マレックが主演男優賞を獲得、最多4冠に輝いたとあって、普段は宝塚歌劇ファン――要は熱心なヅカヲタとして活動している筆者も、遅まきながら3月に都内の映画館にてこの『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞。これがドハマリしてしまい、5月のゴールデンウィークにかけて計6回も足を運んでしまった。

 そこで、『ボヘミアン・ラプソディ』のテレビ初放送を記念し、同作はなぜ魅力的なのかについて、いちヅカヲタの立場から考察してみたい。

宝塚の舞台に頻出するクイーン楽曲

 まず、『ボヘミアン・ラプソディ』の宣伝文句にもあった「ラスト21分の感動!」と、宝塚の舞台におけるフィナーレの共通点だ。ストーリーの集大成を示し、新たな感動をもたらすことで観客に最後に満足して帰ってもらうためのこうした構成は、宝塚でもおなじみの作りともいえよう。もちろんそれは、クイーンの楽曲のすばらしさがベースにあったればこそ。『ボヘミアン・ラプソディ』ではストーリーの要所要所にクイーンの名曲が挿入されており、それぞれの曲が、映画を観る者になんとも言えないカタルシスをもたらしてくれる。このカタルシスは、宝塚を観る際に感じるものと同種のものだ。

 と、そこで筆者は、ある衝撃の事実に気づいてしまった。それは、過去の宝塚歌劇の舞台において、クイーンの楽曲が何度も使用されているのだ――ということだ。

 まずは、1990年に月組公演で初演されたミュージカル・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬』というショー。これは、当時のトップスター・剣幸と、トップ娘役・こだま愛のサヨナラ公演であった。

 第4章「愛の復活」という場面では、クイーンの曲がなんと3曲も使われている。この場面は、“若者の青春”を称揚するような内容。

米軍基地のPX風のバーが舞台であり、友を事故で失ったことで失意のどん底にいる士官であるアーネスト(剣)が酒におぼれ、仲間たち(若央りさ、久世星佳、天海祐希ほか)から馬鹿にされ(第15場、使用楽曲は「We will rock you」)

その様子を見た恋人のナンシー(こだま)から励まされ(第16場、使用楽曲は「We are the champions」)

その結果、力を取り戻す(第17場、使用楽曲は「Don’t stop me now」)

……という、起承転結のはっきりしたストーリー仕立てになっており、映画『ボヘミアン・ラプソディ』に勝るとも劣らない絶妙な曲の使い方がなされている。私の“本業”である医療でいえば、腸管、尿管、腹部の血管を巻き込む巨大腫瘤の切除のため、外科医、泌尿器科医、血管外科医が鮮やかな連係プレーで手術を成功させる……といったところか。それぞれの曲がそれぞれの場面に寄り添い、しっかりと盛り上げるべく使用されており、原曲とはまた違った味わいの日本語詞が付されている。

1990年月組大劇場公演『川霧の橋』『ル・ポァゾン 愛の媚薬』パンフレットの表紙。同公演は、当時の月組トップスター・剣幸、トップ娘役・こだま愛のサヨナラ公演。二番手の涼風真世が「プロローグの紳士」として「ル・ポァゾーン」と朗々と歌い上げるオープニングが有名。脂の乗り切ったトップコンビの魅力を余すところなく堪能できる傑作。同時に公演された『江戸切絵 川霧の橋』も名作として語り継がれている。

ガシガシ踊る天海祐希

 なかでもすごいのが、第17場の「Don’t stop me now」。原曲は、宝塚における暗黙のルールである“すみれコード”【註】に抵触しそうな、なかなかアダルトな内容だが、これを、まさに青春真っただ中、「未来に馳せる大合唱ダンシング」(パンフレットより)に昇華させている。一節をとり上げると……

「今 心に拡がる 空への思い
 熱いこの思い 翼をひるがえし
 大空へ飛んでゆきたい
 夢をのせて……
 行く手をさえぎる
 嵐や雷鳴にも負けずに
 雲をさき 光より速く
 遥かな明日めざし
 この若さと力 若い夢
 燃えつきるまで……」

 これを歌う剣幸は、音程が激しく上下するこの難曲を非常に正確に、かつさわやかに歌い上げる。そして周囲では、早いテンポに合わせて若手の演者たちが踊る踊る、踊りまくるのだ。少し前まで仲間たちとしてアーネストにケンカを吹っかけていた天海祐希なども、笑顔でガシガシ踊っている。アップテンポなそのリズムの一拍たりとも無駄にしないような激しいダンスを、実にきびきびと! 「Don’t stop me now」を使ってこのような舞台場面が日本で作られるとは、さすがのフレディ・マーキュリーも予想だにしていなかったのではなかろうか……。

 本作『ル・ポァゾン 愛の媚薬』の作・演出は、岡田敬二。今では宝塚らしいレビューを作られることで定評のある巨匠となられたが、若かりし頃のこの作品で、こうした形でクイーンのロックを使用しておられたわけである。「それまでシャンソンばかりだったのを、私はフォークソングとかロックンロールを使って作ってましたから」(2018年5月2日付け「スポーツ報知」記事より)とのご発言があるように、当時としてはかなり斬新だったのだろう。

天海祐希も現役時代に踊っていた!宝塚歌劇に息づくクイーンと『ボヘミアン・ラプソディ』のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事