家康はなぜ「徳川」を名乗ったか…ニューイヤー駅伝から考える、群馬に徳川町があるワケの画像1
徳川家康の像。アーサー・ミーら執筆の『Harmsworth History of the World』第1巻より。(Getty Imagesより)

三河を統一して徳川に改姓

 徳川家康(1542~1616年)は、三河岡崎(愛知県岡崎市)の城主・松平広忠の長男として生まれた。つまり旧姓は松平である。岡崎市の北北東に松平(愛知県豊田市松平町)という山村がある。家康の先祖はそこから身を起こして、岩津(岡崎市岩津町)→安城(愛知県安城市)→岡崎と移り住んだわけだ。

 松平家は西の織田氏、東の今川氏という強者に挟まれて隠忍自重を余儀なくされ、家康は幼少期に織田家、今川家で人質生活を送ったが、1560年の桶狭間の合戦で今川義元が討ち死にすると、三河に帰還して独立。1564年に三河吉田城(愛知県豊橋市)に駐留していた今川家重臣を追い払い、ついに三河を統一した。

 そして、1566年に家康は松平から徳川に改姓した。なぜ改姓したのか?

重要だったのは、徳川改姓より三河守任官

 実は改姓と同時に、家康は朝廷から従五位下(じゅごいげ)三河守(みかわのかみ)に任ぜられている。三河守とは、律令時代の三河の国司(こくし)で、現在でいえば、愛知県(東部)の県知事といったところか。

 戦国時代になると、官職を僭称(せんしょう/勝手に名乗ること)する風潮が広がった。たとえば、織田信長は上総介(かずさのすけ)、つまり千葉県北部の副知事を名乗っていたのだが、信長には上総国との縁はなく、第一そんな遠くに行ったこともない。

 ところが、家康は朝廷から正式に叙任された、本当の――といったらおかしいのだが――三河守となり、名実ともに三河の領主になったと世間に宣言したわけだ。つまり、家康の徳川改姓は、三河守任官とセットで行われた。そして、家康にとっては三河守任官のほうが重要で、徳川改姓はそれを実現するための方便だったらしい。

『新編安城市史1』(安城市史編集委員会編)によれば、「朝廷によって認められる任官作業は先例主義であり、なんらかの役職への任官を望む場合、一般的にはかつて自らの先祖に当たる人物がその役職に任官されている必要があった。しかし松平を家名とする者に三河守任官の先例がなかったため、松平のままでは任官が不可能であった。そこで三河守任官を目指し、かつて三河守に任ぜられたことがある世良田頼氏(せらだ・よりうじ)を先祖とした系図を結びつけるべく、徳川への改姓も同時に願い出たと考えられる」という。

 これにはちょっと解説が必要だろう。

 家康は三河守になりたかったのだが、朝廷は先例主義なので、先祖に三河守になった人物がいたほうが話が容易に進んだ。松平家はもともと三河の山の中に住んでいた豪族なので、そんな高貴な人物はいない。そこで、縁もゆかりもない世良田頼氏という人物が三河守だったので、その子孫を僭称したというわけだ。

 では、なぜ世良田ではなく、徳川に改姓したのか。実は、頼氏の父が得川義季(とくがわ・よしすえ)というのだ(義季が得川を名乗ったことはなく、得川を名乗ったのは頼氏の兄・頼有(よりあり)だという説もあるのだが)。

 家康はこう考えたに違いない。世良田よりも得川のほうがカッコイイ。ついでに「得」の字を「徳」にして、徳川にしよう――というデタラメのオンパレードである。

関連記事