NEW
連載
高橋篤史「経済禁忌録」

IR汚職で逮捕の秋元司議員、その危険過ぎる金脈と人脈…東レに口利き、返済ねじ込み

文=高橋篤史/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋元司司衆議院議員(写真:日刊現代/アフロ)

 統合型リゾート(IR)参入をめぐり、秋元司衆議院議員(自民党を離党)が12月25日、収賄容疑で東京地検特捜部により逮捕された。IR担当の内閣府副大臣を務めていた当時、中国企業から賄賂を受け取っていたとされる。秋元議員といえば、かつて秘書として仕えていた小林興起元衆議院議員ともども仕手株の周辺でたびたび名前が取り沙汰されてきた政界関係者として知られる。

 古い法人登記簿をさかのぼり、その役員欄に秋元議員の名前が現れるのは16年前のことだ。就任先はゴルフ場を経営する「ワシントン」(その後、Wホールディングスに社名変更)という都内の会社。就任日は2003年10月16日である。

 鹿児島から上京した秋元議員は大東文化大学に通っていた1993年、学生秘書として小林氏の事務所に入った。通産キャリアだった小林氏は「地盤、看板、カバン」を持たないながら、3年前の衆院選に徒手空拳で自民党から立候補、見事に初当選を果たしていた。ただ、その年7月の衆院選では落選してしまっている。そんな小林氏が国政に復帰したのは1996年。大東文化大学を卒業していた秋元議員は公設秘書となった。

 ワシントンの取締役に就任した当時、小林氏は当選を重ね、中堅議員として知名度もあった。まだ隆盛を極めていた消費者金融業界と極めて近い国会議員としても知られていた。そんななか、秋元議員は独り立ちを考えていたようだ。その年12月、同議員は秘書仲間の西田譲氏(後に千葉県議、衆議院議員)を代表者に政治団体「秋元司後援会」を設立、翌2004年7月の参院選に比例区から立候補して初当選を果たした。その後の2005年3月31日、秋元議員はワシントンの取締役を辞任した。

 秋元議員はワシントンの取締役に就任する前の年、「グランディム」という不動産会社が大阪市内で設立された際、出資者のひとりだった。同社は上場を目指していたという。小林氏と同様、徒手空拳の秋元議員はカネの臭いに人一倍敏感だったのかもしれない。ただし、その後、秋元議員はグランディムとの間で1000万円のやり取りをめぐりトラブルになっている。こう見てくると、ワシントンという会社はそんな「地盤、看板、カバン」を持たない秋元議員に取締役のポジションを用意することで支援者の役割を果たしていたのだろう。