NEW
ヘルス・ライフ

コンビニ中華まん、今冬、絶対食べなきゃ損する商品5選!100円台で革命的な美味しさ

文=清談社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンビニエンスストアのレジ横でいつでも買える通年商品だが、この季節になると、ついつい手が伸びてしまうのが「中華まん」だ。最近のコンビニ中華まんの進化は著しく、「皮」にも「餡」にもこだわった新商品が続々と登場している。

 今シーズンの傾向は、オーソドックスな「肉まん」にもノーマルタイプと少し高級なプレミアムタイプがラインナップされるなど、定番をグレードアップさせたリッチ系と、さまざまな料理を「まん化」した個性派メニュー、といったところだ。

 中華まんはラインナップの入れ替わりが激しく、食べようと思っていたらいつの間にかなくなってしまうことも多い。そこで今回は、今シーズンに食べておかないと損をする、味&コストパフォーマンスが抜群のコンビニ中華まんをセレクトしてみた(価格は税込み)。

ファミリーマート「極旨 黒豚まん」/198円

 ファミリーマートの「極旨 黒豚まん」は、いわゆる「プレミアム肉まん」と呼ばれるタイプ。ほかの中華まんと比べても、ずっしりと確かな重量感があり、ボリュームたっぷり。黒豚は100%鹿児島県産、玉ねぎも100%淡路島産と原料にもこだわり抜いた、まさに「プレミアム」な肉まんだ。

コンビニ中華まん、今冬、絶対食べなきゃ損する商品5選!100円台で革命的な美味しさの画像1

 ふわっふわで口当たりの優しい皮に包まれた餡は噛めば噛むほど豚肉と玉ねぎの甘みが感じられ、そのクオリティは従来のコンビニ肉まんというより、関西方面でいう「豚まん」を彷彿とさせる。この満足感がコンビニで、しかも200円以下で味わえるというのは革命的だ。

ミニストップ「豚角煮まん」/183円

 話題の「チーズハットグ」や骨付きのチキンなど、時流に乗ったホットスナックの充実度が高いミニストップ。中華まんも「ガパオまん」や「台湾ルーローまん」などの個性豊かな商品を揃えているが、なかでも「豚角煮まん」は値段こそ少々高めなものの、こってりとしてインパクトのある豚角煮餡が絶品。この中身の豚角煮を単体で商品化してほしいと願ってしまうほどの本格派だ。

コンビニ中華まん、今冬、絶対食べなきゃ損する商品5選!100円台で革命的な美味しさの画像2

 中華風スパイスの香りが漂う濃厚なタレが弾力のある角煮と皮にしっかりと染み込み、中華まんとしての完成度を高めている。ミニストップは年々店舗が減少し、同じイオン系列の「まいばすけっと」に移行している傾向にあるため、街中で見かけたら即購入がオススメだ。

ローソン「牛すき焼きまん」/180円

 牛肉を使った高級料理といえば「すき焼き」だが、ローソンから発売されている「牛すき焼きまん」は、まさに「手のひらに乗るすき焼き」といった商品だ。

コンビニ中華まん、今冬、絶対食べなきゃ損する商品5選!100円台で革命的な美味しさの画像3

 具材には、ブラックアンガス牛のバラ肉、玉ねぎ、椎茸、白滝、長ネギが入っており、みりんの効いた和風ベースのすき焼きタレに、とろりとした卵黄のソースがからまり、それをもちもちの皮が包み込む。ごちそうメニューをカジュアルな中華まんというスタイルに落とし込み、この値段で提供するというのは、大手コンビニだからこそできるのだろう。

関連記事