NEW
連載
松崎久純「ビジネスパーソンの自己啓発」

「成功のためにすべきこと」を避けて「当面やるべき仕事」に逃げる人は、成功できない

文=松崎久純/グローバル人材育成専門家、サイドマン経営代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 出世あるいは事業の成功を目指す人は、「自分が成功のためにすべきこと」ときちんと向かい合う必要があります。ごく当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、成功を目指す人を見ていて、もっと真剣に向き合えばよくなるのにと思えることは少なくありません。

 多くの人が、目の前にある仕事には熱心に取り組んでいても、成功のために本当にすべきこと――1つ例を挙げれば、顧客を増やす方法を考え行動する――といったことから、目を逸らしていることがあるように見えます。

「当面やるべきこと」に集中してしまいがち

「成功のためにすべきこと」には、成功したい人なら誰もが向かい合い、それについて熟考していそうですが、実はそうではなく、むしろずっと避けている人も少なくありません。誰もが今後のことを心配して、何かヒントを得られるかもしれないと本を読んだり、情報を得ようとはしています。しかし多くの場合は、皆「当面やるべきこと」に集中しがちになり、本当に向かい合うべきことは置き去りにされています。

「当面やるべきこと」が簡単なことだと言いたいのではありません。しかしながら、それに対処している間は、向かい合うべきことに向かい合わなくても済むため、実は精神的にラクな面があります。それもあって「当面やるべきこと」に没頭する状態は続いてしまうのです。

向かい合うのは「つらくて」「怖い」こと

「成功のためにすべきこと」に向かい合うのには、「つらい」面があります。それは「すべきこと」を考えて答えを見つけたり、実行したりするのが簡単ではなく、悩まなくてはいけないことが多いからです。

 たとえば、どうやって顧客を増やすかと悩むよりも、とりあえず今ある仕事に必要な資料を準備するほうが(資料の準備がたいへんな作業ではあっても)、答えが見つからず苦悩するつらさがない分ラクなのです。

 そうして向かい合うことを避けていると、そのまま歳をとってしまうことになります。仕事をしていないわけではなく、遊んでいるように見えるわけでもありませんから、人から注意されることもなく、それでなおさら、「成功のためにすべきこと」とは向かい合わないままになってしまいます。

 また、「成功のためにすべきこと」に向かい合うのは「怖い」ことでもあります。顧客を増やすことについて考えれば、「顧客が見つからなかったらどうしよう」と思い悩むことにもなるでしょう。それを考えるのは怖いことですから、できれば向かい合いたくないのです。

関連記事