NEW
垣田達哉「もうダマされない」

新型コロナウイルス、パン屋やスーパーの食品“裸売り”で感染の危険…食前に加熱必須

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

新型コロナウイルス、パン屋やスーパーの食品“裸売り”で感染の危険…食前に加熱必須の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの影響で、マスクが爆発的に売れ、小売店では品切れ状態が続いている。皆、どうしてそんなにマスクが欲しいのかというと、飛沫感染を恐れているからだ。感染している人の咳やくしゃみ、唾などを介して飛び散ったウイルスが、口や鼻を通して体の中に侵入するのを防ぎたいという思いが強い。

 しかし、マスクをしていても飛沫感染を防ぐことができない場所が、もっと身近にある。それは、スーパーマーケットやベーカリー、デパ地下惣菜等のバラ売り(裸売り)だ。スーパーでは、揚げ物や焼き物、天ぷらなど、調理済みの加工食品がバラで売られている。ベーカリーでは、数多くの焼きたてパンがバラで売られている。

 こうした小売店では、不特定多数の客が数多く来店する。すべての人がマスクをしているわけではない。店内で咳き込む人、くしゃみをする人もいるだろう。そうした時に、陳列されている食品が飛沫感染する可能性もある。

 飛沫感染する可能性がある食品は、加工食品だけではない。野菜や魚などもバラで売られているものが多い。しかし、野菜は食べる前に洗うだろうし、バラで売られている魚のほとんどは加熱するか、洗う、ウロコを取る、さばく等の処理をするだろう。

 コロナウイルスに汚染された食品でも、各種病原菌と同じで、十分に、具体的には中心部を75℃で1分間以上加熱すれば安全だといわれているが、バラで売られている惣菜やパン類等は、購入後そのまま食べることが多い。惣菜は、電子レンジなどで加熱することもあるが、パン類は加熱しないこともあるだろう。

 総菜やベーカリー等のバラ売り食品は、衛生面が完備された場所で製造されているだろう。しかし、店頭に出されているときは、訪れる客の全員がマスクをしているわけではない。アルコール消毒をしていない子どもが、バラ売りの食品を触ることもある。

 2月5日、横浜港沖に停泊中の豪華クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客と乗組員のうち10人から新型コロナウイルスの感染が確認された。感染の原因はハッキリしていないが、感染者からの直接感染だけでなく、ビュッフェ方式の食材から感染した可能性もある。

容器包装された食品のほうが安全

 惣菜等で、蓋があるトレイに置かれたものもある。購入する時に、ふたを開けてトング等で取る方法であれば、何も覆われていないバラ売り商品よりは、衛生面を考えれば安心だ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ