NEW
連載
曽和利光「人と、組織の可能性を信じる世界のために」

社員が辞めるのは悪ではない…無理に雇用継続で会社&社員双方の“サンクコスト”拡大

文=曽和利光/株式会社人材研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Getty Images」より

「退職予防」の流行

 人手不足時代、採用難時代が続いていることもあり、人を採ることに限界を感じたさまざまな企業は、今度は「どうすれば辞めさせないでいられるか」ということに力を入れ始めています。オンボーディングなどと呼ばれ始めた入社後の定着施策群から始まり、定期的な上司と部下の1on1のミーティング、そして社員の退職率予測と配置転換などの対策まで、すべては「辞めさせない」ことを最大の目的としています。「辞めなければ、採らなくてもいい」というわかりやすい理屈です。私も、基本的には一度入った会社であれば、よほどのことがなければ簡単に辞めないほうが、社員自身にとっても会社にとっても良いことだと思います。

人が辞めると多大なコストがかかる

『コミュ障のための面接戦略』(曽和利光/星海社新書)

 辞めないほうがよい一番の理由は「もったいない」です。人が辞めると大変なコストが伴います。まず会社側から見ると、その人の採用、育成、引継ぎ、機会損失、欠員補充のための採用、会社の雰囲気への悪影響――、などなど。これらを実際に計算し始めたら、気が遠くなるような金額だと思うに違いありません。

 辞める個人側にも大きなデメリットがあります。最大のものは能力開発への悪影響です。能力を身につけるには長期間の訓練が必要で、一定の閾値を超えるまで続けないと効果がゼロに逆戻りします。辞める理由の一つに「仕事への飽き」がありますが、それは無意識でスラスラとできるようになっていない(無意識なら飽きという主観は生じません)可能性があり、そこで辞めるとこれまでの訓練は水の泡になってしまうかもしれません。

しかし、それらは「サンクコスト」である

 このように、辞めることには多大なコストがかかるのですが、ただ一方で考えなければならないのは、これらのコストの多くはいわゆる「サンクコスト(埋没費用=回収できなくなった投資費用)」であるということです。投じたコストばかりを惜しむと、引くに引けなくなる「サンクコスト効果」が生じて、さらに損失が拡大することもあります。そのため、場合によっては、どこかで損切りをしなければなりません。

 不適な人を採ってしまったとすれば、会社側にとってサンクコストです。それを無理してなんとかフィットさせようとする努力は美しいともいえますが、無理に不適なものを適合させようとすることは、うまくいかなければ余計にサンクコストを増やすでしょう。

関連記事