イオン、23年ぶり社長交代、世襲への布石か…総合スーパー赤字、アマゾンの脅威増長の画像1
イオン店舗(「wikipedia」より/Kirakirameister)

 イオンが23年ぶりの社長交代を決めた。3月1日付で創業家出身の岡田元也社長(68)は代表権のある会長に就任し、吉田昭夫副社長(59)が社長に昇格する。社長交代は1997年以来となる。

 吉田氏は83年4月ジャスコ(現イオン)に入社以来、店舗開発畑一筋だ。東北開発部長(2005年)、イオンリテール関東開発部長(09年)、イオンモール国際企画部統括部長(11年)、イオンモール営業本部長兼中国担当・常務(14年)を経て、15年にイオンモールの社長に就任した。19年3月にイオン本体の代表執行役副社長に就任し、ディベロッパー事業とデジタル事業を担当した。デジタル事業では次世代の小売り事業のモデル構築を目指してきた。

 イオンは、(1)総合スーパー(GMS)や食品スーパー(SM)改革、(2)デジタルシフト、(3)アジアシフトの3つを最優先課題に掲げる。米アマゾン・ドット・コムの伸長など小売業界でもデジタル化が進み、事業環境が激変している。イオンは明らかにデジタル化への対応で遅れている。吉田新社長は「オンラインとリアル(店舗)がつながるなか、リアルの強みをどう生かせるかだ」と店舗改革への意気込みを語る。

創業家の御曹司への世襲をにらんだ布石か

 23年ぶりの社長交代で、世襲問題に関心が集まるのは仕方がない。岡田家の御曹司、岡田尚也氏(36)は19年3月1日、フランス発祥の有機食品などのオーガニック専門スーパー、ビオセボン・ジャポンの社長に就任した。尚也氏は外資系金融会社を経て、15年1月にイオンリテールに入社。ミニスーパーを展開する「まいばすけっと」店長を経て、16年11月、ビオセボンの営業部長となり、店長を経験後、同社社長に昇格した。

 父親の岡田元也氏はかねて「世襲は私で終わり」と口にしたが、社長引退会見では「本人(尚也氏)がどういうふうに考えるかもわからないので、なんとも答えようがない」と含みをもたせた。吉田新体制の下で、いつ尚也氏がイオン本体の執行役員に昇格するのか。世襲を占うポイントとなる。

英ネットスーパーとの提携でアマゾンに対抗

 吉田氏はデジタル担当として英国のネットスーパー「オカド」との提携を主導した。19年11月、オカドとの業務提携を発表し、オカドが持つロボットを駆使した物流ノウハウを生かし、数百億円規模のネットスーパーの売上高を6000億円に拡大する計画だ。オカドは2000年の創業。英国事業だけで売上は2000億円を超える。物流センターに配置した自動箱詰めロボットなどの技術力が強み。「英国では注文を受け付け倉庫から(商品を)出庫するまでの時間は15分。競合他社の5分の1程度」とアピールする。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合