NEW
ジャーナリズム

静岡県、今年、人気観光スポット化の機運…東京隣接県、外国人の“観光公害”深刻

文=小川裕夫/フリーランスライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
富士山(「Wikipedia」より/Mocchy)

 オリンピックイヤーを迎えた2020年。日本は訪日外国人観光客の需要を拡大するべく、14年からひたすら外国人観光客が訪日しやすい環境を整えることに奔走してきた。安倍政権は発足した当初、訪日外国人観光客の目標を「2020年までに年間2000万人」と設定したが、この目標はやすやすと達成され、年間3000万人、年間4000万人と上方修正を続けてきた。観光業界関係者は話す。

「訪日外国人観光客の増加は、なによりもアベノミクスによる円安誘導に大きく起因しています。円安になったことで、日本はアジアでもずば抜けて安く観光できる国になったのです。中国や韓国といった国々で旅行する場合、こんなに安かったら質素な宿・まずい食事になるわけですが、日本の宿は快適だし、食事も美味しい。治安もいいし、ぼったくりの店もない。安くて美味しくて快適なのです。ありていにいえば、日本は貧しくなったということ。皮肉にも、それが外国人観光客を増やしているのです」

 内需拡大が見込めない日本において、現状の経済を維持するには外国に依存するしかない。しかし、すでに製造業は壊滅状態。アメリカはいうまでもなく、10年前は品質が悪いとされてきた中国の後塵も拝する。日本経済の再生は遠く、現状維持のために訪日外国人観光客に頼るしか術がないのだ。

 しかし、外国人観光客が増え過ぎたことで、最近はオーバーツーリズムが表面化してきている。さらに、目の肥えた外国人観光客はいかにも観光地という場所には行かず、日本の暮らしを体験したいという思いから、日常生活で使われるコンビニエンスストアやファミリーレストラン、居酒屋などにも訪れるようになった。普段の暮らしに観光客が入り込んでくるようになると、生活を脅かされたと感じ、鬱陶しく感じてしまうのは万国共通。今では、世界各国の観光地で起きている現象が、日本のあちこちでも起きている。

 近年、こうしたオーバーツーリズムが問題視されるようになり、行政も問題解決にあたっている。しかし、外国人観光客を遠ざければ地域経済が壊滅し、それは地域が衰退する危険を伴う。行政にとっては、外国人観光客の増加による観光公害は見て見ぬ振りをするしかない状況なのだ。

 今後も観光公害は激しくなるばかりだが、そうなると日本人が国内旅行に行く場合は、どこに行ったらいいのかという問題も出てくる。せっかく心身を休めるために旅行に出ても、騒がしい場所では心も休まらない。

静岡県、旅行業界から注目

 そうしたなか、旅行業界から注目されているのが静岡県だ。静岡県は東京からも近く、新幹線・東名高速道路といった交通インフラも充実している。

関連記事