【厳選】快適なネットカフェ・マンガ喫茶◯選!食べ放題(24h)やシャワー無料、完全個室でホテル並みの画像1
快活CLUB HP」より

 もしも外出先でまとまった空き時間ができてしまったら、どこで過ごすのが得策だろうか。カフェで一息つくのもいいし、晴れた暖かい日なら、公園に行くのもいい。だが、夜遅くまで飲みすぎて終電を逃してしまい、始発が動くのを待たなければいけないときなどは、だいぶ選択肢が限られてくるだろう。

 24時間営業の飲食店やカラオケ店もあるにせよ、静かな場所で横になり、なおかつ安く済ませたいと思ったら、ネットカフェが妥当なところかもしれない。大半の店舗は「ナイトパック」など、夜を明かすためのお得な割引プランを用意しているからだ。

 また、軽食の提供やシャワーの貸し出しを行っている店舗も珍しくないし、そもそもネットカフェなので、パソコンを使った作業も可能。始発待ちのみならず、ちょっと休憩したいときや、集中して仕事したいときなど、さまざまなシチュエーションで重宝するのである。

 とはいえ、ネットカフェにも多くのチェーンがあり、どの店舗に入ろうか、迷ってしまう人もいるのではないか。そこで今回は、ネットカフェ事情に詳しいライターの宮元大地氏に話を聞き、オススメの店舗を教えてもらった。

「快活CLUB」と「カスタマカフェ」はフリーフードが強み?

「私はライターという職業柄、よく旅先で飲食店の食べ歩きレポートなどをしており、ネットカフェを作業スペースや宿代わりにする機会が少なくありません。ときどき、そのエリアにしか展開していないであろうローカルなネットカフェに出くわすこともありますが、結局は駅前や繁華街に出店している大手チェーンのほうが使い勝手、アクセスともに良好です。

 私が頻繁に利用しているチェーンは、まず全国に436店舗(2020年1月現在)展開する『快活CLUB』。ネットカフェや漫画喫茶をひっくるめて“複合カフェ”という呼び方をするのですが、快活CLUBは約368億円もの年間売上高を記録しており(2019年3月期)、複合カフェ業界で堂々の1位です。運営元は紳士服販売で有名なAOKIグループで、むしろ複合カフェ事業のほうがファッション事業より順調なのでは?という話は、たびたび報じられています。

 そんな快活CLUBのコンセプトは、“バリ島の高級ホテル”というもの。日本では2007年に“ネットカフェ難民”という言葉が新語・流行語大賞のトップテンに入選しましたし、ネットカフェに暗い印象を抱いている人もいそうですが、快活CLUBの明るくて清潔感のある空間づくりは、そういったネガティブイメージを払拭しています。他店に比べ料金設定は高いものの、それに見合った居心地ですね。

関連記事