「比内地鶏の消滅すらあり得ます」…出荷量が半分以下に、人気焼き鳥店が異例の呼びかけの画像1
秋田県公式ホームページより

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、飲食店のみならず生産者にも影響を及ぼしつつある。東京都の小池百合子知事は3月30日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて記者会見し、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している」として、ナイトクラブやバー、居酒屋などへの入店を当面、控えるよう都民に呼び掛けた。すでに都内の焼き鳥店などへの来店者は減少の一途たどっており、それにさらに追い打ちをかけたかたちだ。

 そんななか、ミシュラン2011年度版で1つ星を獲得した東京都千代田区神田神保町の焼き鳥店「蘭奢待」のオーナーシェフがFacebookに投稿した呼びかけが反響を呼んでいる。

「比内地鶏がピンチです」

 投稿は3月27日、次のように呼びかけた。

「ご協力のお願いです!! 普段お店で使用している比内地鶏がピンチです。コロナの影響で飲食店での消費量が減ってしまい余っています。通常比内地鶏は180日前後飼育されるため、半年後まで生産をストップ出来ません。今後、減産する予定ですが完全に生産をストップすると生産者の生活が立ち行かなくなってしまい、比内地鶏の消滅すらあり得ます」

 そのうえで、「普段、鶏に生かされている自分としては、少しでも生産者のお役に立てればと相談した所、冷凍にはなりますが、ご家庭に直接配送して頂けるようになりました」などと述べ、秋田県の生産者から食肉を購入することを呼び掛けている。

「比内地鶏」は、秋田県を代表するブランド地鶏だ。もともと同県大館市比内地方で昔から飼育されていた「比内鶏」をもとにして作られた地鶏だ。比内鶏は学術的にもまれな純粋な日本地鶏だったため、1942年に国の天然記念物に指定された。天然記念物は食べることができない。そこで同県産畜産試験場が78年、比内鶏の雄とアメリカ原産のロードアイランドレッドの雌とをかけ合わせてよりおいしい食肉になるように一代雑種を生産したものが現在、国内に流通している「比内地鶏」になった。

 飼料、飼育方法、および飼育期間の統一した厳しい基準が定められていて、各生産農家は鳥インフルエンザの影響を考慮しながら、可能な限り昔ながらの「放し飼い」で育てている。生産されている比内地鶏はほぼ100%雌。雌のほうが雄に比べて肉の味の良い期間が長いためで、ひなの状態で雌だけを選別して導入する。そうした手間がかかるので、出荷までには少なくとも150日以上かかるという。比内地鶏の生産農家は同県内で約100戸、比内地方に35戸という。

「出荷量は半分以下、注文のない日もある」

 秋田県農林水産部畜産振興課の担当者は次のように話す。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ