コロナ暴落の株式市場で急騰する“エクモ銘柄”リストの画像1
テルモ HP」より

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、治療に用いられる人工呼吸器や人工心肺装置の需要が急激に高まり、株式市場でも人工呼吸器関連銘柄が動意づいている。

 西村康稔経済再生担当相は会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に備え「人工呼吸器の増産を関連企業に要請した。応じた企業には補助金などの支援策を講じる」と述べた。政府は新型コロナの感染がさらに広がる事態に備え、個室管理ができるベッドを全国で2万1000床、重症者向けの人工呼吸器を3000台確保したと説明している。

 欧米では人工呼吸器の不足懸念が強まっている。イタリアでは死者数が1万人を超えたが、人工心肺装置などが足りず、重症患者への治療が追いつかないのが一因とされる。トランプ米大統領は米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に対し、人工呼吸器を生産するよう命令した。米政府の要請を受け、旭化成は米国の医療機器子会社を通じて人工呼吸器を増産する。子会社の人工呼吸器は携帯型で、集中治療室(ICU)や救急車両などで使われる。早期に生産量を現在の25倍の月間1万台に増やす。

 国内でも補助金の創設を含めて検討が進められていることもあって、株式市場では旭化成や三菱ケミカルホールディングス傘下の産業用ガスメーカーの太陽日酸、脳波計で世界首位の日本光電工業、心電計トップのフクダ電子、医療用ガス首位で関東地方のシェアが3割強の星医療酸器といった関連銘柄に関心が集まる。フクダ電子、星医療酸器はジャスダック市場。その他は東証1部に上場している。

 星医療の株価は急騰した。配当落ち分を考慮した基準値比で上場来高値を連日更新し、3月31日には6940円となった。星医療は在宅医療向けの酸素濃縮器などを手掛けており、今後需要が急増するとの思惑から、個人投資家の買いが集まった。その後は利食い売りに押されて5000円台前半の値動きとなった。

注目銘柄の筆頭は人工心肺装置のテルモ

「ECMO(エクモ)」と呼ばれる人工心肺装置を製造するテルモ(東証1部)が注目銘柄の筆頭である。カテーテルなど心臓血管領域で強みを持つ技術集約型の企業だ。

 肺炎の治療向けの人工心肺装置の需要が高まるなか、国内最大手のテルモが生産量を現在の倍以上に増やす。年間百数十台を生産しているが、今後数カ月以内に100台超のエクモを供給する。人工心肺装置は自力で呼吸する機能を体の外に置き換える装置。装置本体にチューブやポンプなどの部品を組み合わせて作動させる。血液を患者の体外に取り出し、酸素を供給し二酸化炭素を排出してから戻す。

 新型コロナに感染して、肺炎が重症化した場合、自力呼吸が可能ならば人工呼吸器で肺の機能を補う。それ以上に重症化して肺が呼吸機能を失った患者は、人工心肺装置が必要になる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ