NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

ファストフードで免疫力が低下か…栄養素をサプリで補給せず、食生活を改善すべき!

文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事
ファストフードで免疫力が低下か…栄養素をサプリで補給せず、食生活を改善すべき!の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)騒動を受けて、「免疫力」が話題になっています。どんなことにでも言えますが、正しい認識を持つことはとても大事だと思います。しかし、往々にして情報というものは玉石混淆で、悪意を持って間違った情報を流す人もいれば、知らずに偽りの情報を流してしまう場合もあり、困ったものだといつも思います。筆者はそれらの害から逃れるために、まずテレビを見ない、SNSの情報はいきなりまともに受け止めない、基本的に知人の情報を見聞きする、ということにしています。

 何を信じるかによって、その人のその後の判断や選択が大きく変わってしまうことだってあります。それもすべて含んだ上で自己責任と思ったほうがいいのかもしれません。そういう時代なのだと言えなくもないでしょう。

ファストフードで免疫力が低下か…栄養素をサプリで補給せず、食生活を改善すべき!の画像2

 免疫がいかなるものであるのかについても、さまざまな意見があります。筆者は以前から、免疫力にダメージを与えるのは、慢性的な炎症であると言い続けており、それは日々の食生活によって改善できるものであるとの考えを表明してきました。言うまでもありませんが、その考えは些かなりとも変わってはいません。

 喘息などのアレルギー疾患は、いわば炎症反応がなんらかの形で表面に出てきたものであり、それがあることで免疫力が落ちるとも考えられます。

 ある製薬会社の資料によれば、ファストフードの摂取頻度が高くなればなるほど、喘息が重症化するリスクも増加するとのこと。その資料では、喘息の重症化のリスクは、ファストフードの摂取量が週1回未満の人に比べて、週1~2回の人の場合は1.09倍、週3回以上になると1.34倍になるということです。これはおそらく喘息に限ったことではなく、あらゆるアレルギー症状にも同じことがいえるのだろうと、容易に想像がつきます。

 また、妊娠中の母親がファストフードを食べた場合に、子供にどの程度の影響が出るのかについても報告があります。妊娠中にファストフードをまったく食べなかった母親に対して、週1回食べた場合、子供が重症の喘息になるリスクは1.26倍、週3~4回食べると2.17倍、毎日食べてしまうと、なんと4.46倍にまで高まってしまうのです。これは母親だけの問題だとは思えず、父親にも多大な責任があると筆者は考えています。

 これは、ただひたすらファストフードが悪いということを意味しているのではなく、ファストフードが食事のなかでの領域を広げることによって、摂取できる栄養素に偏りが出る、ということの証左なのではないかと、筆者は考えます。つまり、ファストフードばかり食べていたのでは必要な栄養は摂れないということを言いたいのです。

 もちろん、筆者はファストフードを食べませんし、家族や親しい友人たちにも「食べないほうがいい」と伝えてはいますが、自分たちがファストフードを食べなければこの問題が解決に導かれるのかというと、それほど単純な話でもありません。これはある意味、社会全体の問題なのです。人間の体が何を摂取するのかによって、また摂取の仕方によって、私たち自身の健康はどうなるのか。そして究極は、私たちは何を食べるべきなのか、というところに行き着くのだと思います。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ