コロナ感染の京産大生、富山で「村八分」「父親失職」「家に投石」情報はデマだったのか?の画像1
富山市公式ホームページ

 京都産業大学(京都市)に通っていた富山市の20代女性が、新型コロナウイルスに感染したというニュースに関して、インターネット上で真偽不明の情報が錯綜している。同学生は感染発覚当初からインターネット上で身元が特定されていたこともあって、匿名掲示板やTwitter上を中心に「学生の自宅が石を投げられた」「市長に詰問された」「村八分になっている」など富山市の住民が嫌がらせを行っているかのような記述が殺到している。実際のところ、どうなのか。

「市長や偉い人に詰問」「窓に石が投げられる」

 この女性は同県内で初の感染者だった。3月21日にヨーロッパ旅行から帰国した大学の知人らが出席していたゼミの卒業祝賀会に参加したことがきっかけで感染したと見られている。その後、この女子学生を介して複数人が感染したという。このため、女子学生の行動に対して、当初から不注意との指摘は多くなされていて、Twitter上では以下のような投稿が相次いでいる。

「そういや富山県にコロナ持ち込んだ京産大学の家がマジでやばいことになってた

・コロナ持ち込んで大型ショッピングモール2店休業

・市長や偉い人に詰問

・ネットで住所氏名特定される

・父親失職

・窓に石投げられる

・一家引っ越す(今ここ)」(原文ママ、以下同)

「陰口を言う人はいますが、石を投げたりとかはない」

 こうした投稿に対して、以下のようにデマだと指摘する地元住民の声も上がっており、ネット上は紛糾している。

「感染者の人がひどいことされてるという噂が多いけど、デマも多いので過熱させないようにしてください。感染かなと思っても、隠してしまう人が出てきそう 」

「富山の京産大生の家の村八分がひどいように言われてますが、さすがに訪問する人はいないし、陰口を言う人はいますが、石を投げたりとかはないです」

「富山に1番最初にコロナ持ち込んだ大学生の家族が引っ越したとかツイッターで見たけど、敷地に車はあるから真偽不明。石が投げ込まれたってのもブルーシートはあるものの投げ込まれたかは不明。落書きに関しても張り紙はあるが落書きは見てない。(身内の職場の人から聞いた話ですので)」

 デマが事実だとすれば、重大な人権侵害だ。ましてや窓ガラスを投石で割ったのであれば、明確な器物損壊容疑だ。一方で、すべてデマなのであれば地域のブランドイメージの棄損は著しい。「村八分」という言葉に良いイメージを抱く人はいないだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ