【完了・25日掲載希望】クラシックコンサート、最大の魅力は臨場感だ!独特な緊張や恐怖が感動を生む!の画像1
「小曽根真オフィシャルサイト」より

 ジャズピアニストの小曽根真さんが4月9日から毎晩、自宅のリビングルームにあるピアノの前から、Facebookを通じてライブ演奏を配信していらっしゃいます。毎回、約3000人のリスナーが、それぞれの自宅のリビングや寝室で、小曽根さんの素晴らしいジャズピアノを楽しんでいるのです。小曽根さんは、最後に「Stay Home!また会いましょう」とおっしゃって、その晩の演奏を終えるのが定番になっています。

 小曽根さんは1983年にアメリカの名門バークリー音楽大学ジャズ科を首席で卒業後、米大手レコード会社CBSと日本人初の専属契約を結び、今もなおジャズの最前線で活躍されているピアニストです。僕も大学生時代に、東京・表参道の骨董通りにあるブルーノート東京で初めて聴いて、その素晴らしさに感動したひとりです。そんな小曽根さんの演奏を毎晩聴けるなんて、とても贅沢な時間です。そして彼の強い思い、人々に対する深い愛情に感動します。

 今、世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を始め、世界中のさまざまなオーケストラや歌劇場が動画を無料公開しており、音楽ファンの耳と心を喜ばせていますが、やはりオーケストラやオペラは人が集まって演奏する必要があるので、実際には過去に演奏してきた録画を配信することとなります。もちろん、それでも極上の演奏なのですが、ひとりでピアノ演奏をする小曽根さんのライブ配信は、まさしくその時に彼が演奏しているだけでなく、その中で交わされる奥様との気楽な会話も含め、臨場感がまったく違うことに気が付きました。

 現在、世界中の音楽家が自由に演奏できず、観客もコンサートに行きづらい時間ではありますが、あらためてライブコンサートの魅力の理由がわかる機会になりました。それは、演奏家が目の前で演奏をしているという臨場感にほかなりません。

 スポーツに置き換えてみましょう。たとえば昨年、大きな話題になったラグビーワールドカップで、僕は幸運なことに、ほとんどの日本戦のテレビ放映をライブで見ることができました。どうしても見られないときは録画をし、ネットニュースで結果を見ないように気をつけながら帰宅して録画を見てみていましたが、ライブ放送で見るときのような大興奮がないことに気付きました。

 試合経過や結果を知らずにテレビ画面を見ているのですが、心のどこかに「もう結果は出ている」という意識があるのだと思いました。そう考えてみれば、スタジアムに行って、実際に試合を見ている観客の臨場感も相まった興奮は、倍どころではないでしょう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ