NEW

Classiが「全然使えない」と悲鳴…多くの高校で授業停止、情報流出でも原因非公表

文=編集部、協力=三上洋/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

Classiが「全然使えない」と悲鳴…多くの高校で授業停止、情報流出でも原因非公表の画像1
接続トラブルをアナウンスするClassi公式ホームページ(11日)

 全国の高校で授業が受けられない異常事態が発生した。ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社「Classi」が提供する教育機関向けインターネットプラットフォーム「Classi」でゴールデンウィーク明けの7日から断続的にアクセス障害が発生している。ネット上では全国の高校生からは「試験を受けられない」「出席できない」など、悲鳴が相次いでいる。

「Classiがずっとcrashing」

 Classiは2500以上の高校で116万人が使っているとされる教育プラットフォームで、動画教材の配信や教師と生徒間の連絡、学習の記録付けなどができる。トラブルは今月7日、新型コロナウイルス感染症の影響で登校きない高校生らが、課題を提出したり、試験を受けたりしようと同スマホアプリを使おうとしたところ、接続できない事例が相次ぎ発覚した。11日、Twitter上では「#Classiを許すな」というハッシュタグが拡散を続けていた。タグがつけられた投稿には、接続ができないなど学生たちの悲痛な声で溢れていた。

「朝からずっと入れんくて笑うしかない」

「Classiがずっとcrashing」

「は???

理科の課題が出てるからやろうと思ったら開かないし、しかもトレンド入りしてんじゃんw

マジで使えんw」

「いやさテスト配信されるはずなのにClassi使えないんだけど……..」

「マジでいい加減にしてくれ

今日からオンライン授業だって時にさ?」

「授業プリントを確認しようとしたのにずっとこの状態だし!benesse、正直こんなアプリいらないんですけど。なんでこれにお金払うの?」

「18時までにメッセージ送んないと欠席扱いになるんすけど

小学校1年生のときから学校休んだこと1回も無いのに(ガチ)、こんなんで欠席になるとか堪ったもんじゃないっすわ」

 同社公式ホームページ上の「Classiのサービス稼働状況」によれば、11日午後5時ごろにはWEBに関しては通常の稼働状態に復旧していたものの、iOSアプリやandroidアプリでは「やや遅延」「大幅に遅延」の状況が続いていた。

 Classiでは4月、第三者による不正アクセスを受け、約122万人分のユーザーIDなどが流出した恐れがあると発表するトラブルが発生していた。

 いったい、同サービスで何が起こっているのか。ITジャーナリストの三上洋氏は一連のトラブルについて次のように解説する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ