NEW
午堂登紀雄「Drivin’ Your Life」

コロナ後、リモートワーク定着で「完全成果主義」「会社や上司への無駄な気遣い消滅」加速

文=午堂登紀雄/米国公認会計士、エデュビジョン代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

コロナ後、リモートワーク定着で「完全成果主義」「会社や上司への無駄な気遣い消滅」加速の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの影響による外出自粛で、多くの企業(特にホワイトカラー職を中心に)がリモートワークに切り替えています。というか強制的にリモートワークに舵を切らざるを得ない状況ですが、これが長引けば私たちの働き方(経営者や自営業者にとってはビジネスモデル)が大きく変わる可能性があります。

 そこで私個人の勝手な想像で、会社員(現場仕事がないホワイトカラー)のアフターコロナ時代の働き方イメージをご紹介します。

1.完全なる成果に基づく評価体制に

 出社していないということは、働いている姿を見ることができません。つまり、努力しているかどうかはわからないため、評価されるのは仕事の成果のみということになります。

 そして、労働時間も関係なくなります。タイムカードもなく出退勤という概念もなくなるため、何時間働いていても成果が出なければ評価はゼロ。逆に、1日1時間の労働でも、成果さえ出せれば高い評価を得ることができます。

 これは、優秀な人にとっては就業時間に縛られない自由な環境が得られるメリットがある一方、そうでない人にとっては、本人のダメさがあぶり出されてしまうという恐怖の環境になります。つまり優秀な社員とダメな社員の二極化がさらに加速します。

2.オンラインマネジメントスキルが必須に

 上司のマネジメントスキルにも同じことがいえます。たとえばビデオ会議ツールがうまく使えないとか、それこそ「どうやって接続するんだ」などと言っているようでは、もはや部下から尊敬されることはないでしょう。また、従来の「見張るだけ上司」も駆逐されます。「課長の席」「部長の席」もありませんから、威厳を示すことはできません。

 実際、オンライン会議になったとたんに寡黙になる上司は少なくないようです。ウェブ上で閲覧履歴が残り、電子認証や電子印鑑が主流になれば、決済の遅い上司も丸見えです。的確なファシリテーションや具体的な指示、迅速な決済ができない上司は駆逐されていきます。

3.仕事の生産性が上がる

 オンラインミーティングも、やってみたら「結構行けるじゃん」と感じた人は少なくないと思います。そして、「あいさつ程度の面会」は不要になりますし、隣に同僚がいないため、話しかけて(あるいは話しかけられて)時間を消耗するということがなくなります。むろん、ダラダラ残業や「上司がいるから帰れない」などといったこともありません。すると本質的に重要な打合せだけをリアルでやればよいので、移動などのロスもなくなり、生産性の向上が期待できます。

 また、テキスト主体のコミュニケーションになるため、「上司が席を外していて相談できない」ということがなくなります。そして無駄な会議がなくなります。報告や共有程度ならメールやPDFの配布で済むからです。仮に無駄な会議がオンラインでなされても、「手元が見えない」ために堂々と内職ができます。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ