室井佑月、今度はコロナ感染発生の病院を「責められるべき」「反省すべき」と批判し物議の画像1
室井佑月氏のTwitterより

 あの人気コメンテーターの発言が再び物議を醸しているようだ――。

 新型コロナウイルスの感染拡大で3月にクラスター(感染集団)が発生した永寿総合病院の湯浅祐二院長が1日、記者会見を行い、「他の病院に比べて、新型コロナへの対処が甘い状況があった」「病院の責任者として深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 湯浅院長の説明によれば、集団感染の起点となった患者は脳梗塞の診断で入院して発熱と誤嚥を繰り返していたため誤嚥性肺炎と診断されていたが、新型コロナの感染が判明し、他の入院患者でもPCR検査で陽性反応が出たという。

 また、入院患者の増加に伴い、血液疾患の患者を別の病気の患者と同じ病棟に入院させるケースが発生し、免疫が低下した血液疾患の患者に感染が拡大したという。

 会見は多くのメディアでも取り上げられたが、2日放送のテレビ番組『ひるおび!』(TBS系)では、その内容とともに永寿総合病院の看護師の手記も紹介。新型コロナへの恐怖から泣きながら防護服を着るスタッフや支えてくれる家族がいたこと、他の病院でクラスターが発生した際に同病院の看護師4人が志願して救援に行ったことなどが書かれていた。

 これを受けてコメンテーターの作家、室井佑月氏は「一言、言っていい?」「医療の現場の人たち、ましてコロナにかかった人たちは、被害者なわけだから責めてはいけないと思う。だけど、こういう美談を出してきて、個人は悪くないよ」と前置きした上で、次のように語った。

「病院はやっぱり熱が出た人がいたわけだから、こんなにコロナの患者を出しちゃったのは、やはり責められるべきで、反省、病院側経営者はすべきなんだよね」

 さらに紹介された看護師の手記についても「個人は悪くない」と前置きしつつ「なんかすり替えっぽく感じる」と語った。

 すると日本感染症学会専門医の寺嶋毅氏は「3月当時はまだ無症状でもうつすとは、わかってなかった」「どこでも起こり得たこと」と説明。しかし、室井氏は「でも、病院から広がるなんてことはやめてほしい」「もっと注意しなければいけなかった」と話した。

室井氏「番組がそういう作りになっていたので」

 この一連の室井氏に発言に対し、インターネット上では批判の声が広がったが、室井氏は2日、自身のTwitter上で次のように発言の真意を説明した。

「永寿総合病院にいて大変だった一部の人の話を持ってきて、病院で集団感染があった事実を美談にすり替えるのはやめろといいました。番組がそういう作りになっていたので」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ