モス、開発に1年半かけた「グリーンバーガー」が絶品!今夏食べないと後悔する商品5選の画像1
モスバーガーの店舗

 ハンバーガーチェーン・モスバーガーを運営するモスフードサービスが、5月25日に2020年3月期決算を発表した。それによれば、売上高で前年同期比4.1%増となる689億8500万円、営業利益で104.9%増となる10億6000万円を記録したという。

 また既存店売上でも、掲げていた前年比8%増という目標には届かなかったものの、4.9%増を達成している。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの人が外出を自粛していた3月と4月にも、テイクアウト需要の高まりから既存店売上高はプラスとなっており、その業績は比較的好調な状態にあるといえそうだ。

 18年8月に食中毒問題を引き起こしてからというもの、深刻な客離れが叫ばれていた同チェーンだが、かつての人気を取り戻しつつある様子。そこで今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」がセレクトした「この夏、買うべきモスバーガーの商品5選」を紹介する。この記事を参考に、同チェーンでの食事を楽しんでいただきたい。(価格は税別)

海老カツバーガー/362円

モス、開発に1年半かけた「グリーンバーガー」が絶品!今夏食べないと後悔する商品5選の画像2

 最初に紹介したいのは、昨年7月掲載の当サイト記事『モスバーガー、やっぱりライスバーガー&海老カツバーガーは美味い!今夏厳選5品』でも取り上げた「海老カツバーガー」。

 揚げ物が挟まれているバーガーではあるものの、カツの具材として使われている海老は脂肪が少なく、また味付けの肝であるタルタルソースにはレモンの風味が加えられているため、口の中が脂っこくならないのだ。

 さらに、一緒に挟み込まれているたっぷりのキャベツの千切りが、あっさり感をプラスしてくれているので、まさしく夏にうってつけのメニューといえる。ラインナップされているたくさんのバーガーのなかから、今の時期にひとつ選ぶとしたら、この商品しかないだろう。

グリーンバーガー GREEN BURGER/538円

モス、開発に1年半かけた「グリーンバーガー」が絶品!今夏食べないと後悔する商品5選の画像3

「グリーンバーガー GREEN BURGER」は、5月21日に発売されたメニュー。肉や魚、卵、乳製品など動物由来の原材料と、「五葷」という臭気の強い野菜(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)を使わずにつくられた新たなバーガーだ。

 味を決定する具材が使えないため、ソイパティの開発だけでも半年以上を費やし、全体の商品開発には合計で1年半もかかったという。

 苦労の甲斐あってか、味の評判は上々だ。ほうれん草ピューレーが練り込まれた緑色のバンズは、野菜の優しい甘みが感じられる仕上がり。数種類のハーブを使ったというトマトソースは、非常に深みのある味わいを実現している。

 また、前述したこだわりのソイパティには、キャベツやしいたけエキス、こんにゃくが加えられているため、野菜の甘みや肉さながらのうまみ、十分な食べ応えが感じられる。肉のパティに負けず劣らずのクオリティといえるだろう。

 看板メニューの「モスバーガー」と遜色ないどころか、それ以上に好きという人も多いことだろう。油っこさもなく、この季節にぴったりなこのバーガーを、ぜひ一度味わっていただきたい。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ