NEW

マックにはない!モスバーガー、今食べるべき商品5選…食べたら驚く美味さ&ガッツリさ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モスライスバーガー焼肉(「モスバーガー HP」より)

 かつては、その高品質なブランドイメージで人気を博していたモスバーガー。しかし、2014年3月期から2018年3月期までは5年連続で客数が前年割れするなど、このところは業績不振で苦境に立たされているようだ。

 その理由のひとつとして挙げられるのが、商品価格である。低価格をウリとするマクドナルドに対し、高価格のハンバーガーチェーンとして目立っていたモスバーガーだが、近頃はもっと高級なハンバーガー店が台頭しており、今となっては高くも安くもない中途半端な存在として埋もれてしまっているのだ。

 また、さらに追い打ちをかけたのが、昨年8月に起きた食中毒問題だ。これにより客足が遠のいたことで、運営元であるモスフードサービスの2019年3月期通期の連結業績決算は、8億円もの赤字に転落する見通しだという。

 そんなモスバーガーだが、実際のところは熱狂的なファンも少なくないし、商品の魅力が世間一般に届いていない部分もあるだろう。そこで今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」の独自リサーチによって「この春、買うべきモスバーガーの商品5選」を決定した。これを参考として、モスバーガーへ足を運んでみてはいかがだろうか。

【この春、買うべきモスバーガーの商品5選】

モスライスバーガー焼肉/390円(税込、以下同)

 ファストフードといえども、ガッツリ食べたいという男性におすすめしたいのが「モスライスバーガー焼肉」。醬油ベースの和風ソースに漬け込まれ、非常に柔らかく仕上がった牛バラ肉とグリーンリーフを、ライスプレートで挟み込んだ逸品だ。

 特に牛バラ肉は、それぞれの店舗のグリドルで生から焼き上げているというこだわりぶり。包みを開けたときの焦げた醤油の香りには、食欲をそそられること間違いナシだ。ちなみに、この商品は以前「やきにくライスバーガー」として販売されていたのだが、2016年に復活した際にライスプレートが20%増量され、大食いの男性でも満足できるボリュームにバージョンアップされた商品だ。

 また、ショッピングなどのお出かけ先で家族や友達が「モスが食べたい」と言い出したとき、内心「今日はパンよりごはんの気分なのに……」と思ってしまった人にも、このメニューは重宝することだろう。

チリドッグ/350円

 本格的な行楽シーズンを迎えた今日この頃、心地よい陽気を楽しんだり、スポーツをしたりするために、公園などのスポットに訪れる人も増えているのではないか。そういったときにおすすめなのが、モスバーガーの「チリドッグ」だ。

 具材がギュッと詰まっている半面、どうしても食べづらいバーガーが多いモスバーガーにおいて、片手で食べられるチリドッグは貴重な存在。インターネット上では、スパイシーすぎないその味つけを「ちょうどいい」と評価する声も目立ち、行楽のおともに最適なメニューだといえるだろう。

マックにはない!モスバーガー、今食べるべき商品5選…食べたら驚く美味さ&ガッツリさ!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ファストフードマクドナルドモスバーガーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事